寒川版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

100人のお産ウェブ写真展を開いている 佐藤 彩さん 岡田在住 41歳

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

すべてが違う、それでいい

 ○…そのウェブサイトには何人ものお産が記録されている。年齢は30歳〜70歳代と幅広く、寒川在住の人や県外の人も。一人ひとりから聞き取って綴ってきた。帝王切開や自然分娩など、お産のかたちは千差万別。不妊や産後うつの人もいる。お産が終わればすぐに育児に突入し、自分をねぎらう機会は少ない。振り返ることで癒える事もあるし、お産を控える人への情報提供にもなる。最初は友人に声をかけて取材し始めたプロジェクトは、1月にサイトを公開。今はオンライン会話システムも駆使し、全国から声を集めている。目標は100人。いつか資金を調達し、実物の写真展を開くことが夢だ。

 ○…親の仕事で5歳までオーストラリアで過ごした。帰国後も英語を喋っていたところ、周りの子から「外国人」と言われた記憶がある。「居場所がない感覚」は中学校や高校でも続き、部活にも入らず帰宅部で通した。自宅の壁には画家だった祖父の作品が飾られていた。その影響もあってか、大学では「学芸員」を志望。江戸東京博物館や森美術館、県立あーすぷらざなどで働き、電話応対や館内の案内も担った。仲間と練り上げた企画展には手ごたえを感じたという。

 ○…学芸員として働く中で妊娠、そして流産も経験。初めてのお産は助産院に決め、夫や母に立ち会ってもらった。「産むことに集中して、あとはすべてぶっ飛びました。無心になれた」。今は3人の子の母。号泣する子どもたちを抱えて何もできなかった日や、子育てに悩んで心理士に相談した事も懐かしそう。息抜きしたい時には、ゲオで漫画を借りて読みふける。この写真展は、階段の踊り場のような場所かもしれない。一息ついてお母さんに寄り添う、お母さんである。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook