寒川版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

5月2日に中央公園で開催「さむかわ音楽ひろば」を準備してきた 落合 洋司さん 岡田在住 48歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

寒川をまろやかに

 ○…ずっと温めてきた「音楽ひろば」が、いよいよ形になる。元々は昨年実施の計画で、ポスターを掲示する寸前に、新型コロナの影響で延期を余儀なくされた。それから1年。混雑防止のゲート設置や検温、消毒など対策は万全。音楽演奏や、みんなで大合奏など、距離を保っても楽しめるようにした。「音楽で人をつなぎたい」「まろやかな町にしたい」という思いが原動力。すでに秋冬の新イベントも練り始めている。

 ○…鎌倉市の材木座出身。小学校から高校生まで野球少年で、背番号1の投手としてひたすら投げ続けた。その後、大学受験生活に入り心が悲鳴を上げ始めた。長距離通学のせいか身体をこわし受験を断念。そんな時に偶然ギター教室の看板を見つけた。まったくの初心者で、最初は楽譜がなかなか追えない。苦労はしても不思議と弦の音色に引き込まれた。音楽療法という進路を見出したのはこの頃。21歳から4年ほど専門学校で学んだ。教える立場となってもう20年以上。今所属している一般社団法人・日本音楽医療福祉協会もみずから立ち上げた。

 ○…音楽イベントの手伝いで、初めて寒川を訪れたのが3年ほど前。当時住んでいた藤沢や鎌倉にはない、自然豊かで、のどかな町だった。「こんな所があったのか」。まもなくマンションを引き払い、寒川に移住した。奥さんは音楽教室の元同僚でフルート奏者。デュオで童謡を奏でることもある。今は週1回でギターを教え不登校ワークショップの活動に加わり、クリニックの待合室で弾く事も。胸の「ト音記号」が音楽とともに駆ける日々の象徴だ。趣味は船釣りだがやっぱり中央公園の散歩が好き。この芝生に音楽がそそぐ。コロナ禍で乾いた町に潤いの時がきた。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook