さがみはら南区版 掲載号:2014年4月10日号

若松クラブ相模台WEED

男子が揃って8強 スポーツ

「快挙」ミニバス 県大会で

若松クラブ(上写真、北相選手権)とWEED(中写真、昨秋)の選手たち。下写真は17日の練習の様子
若松クラブ(上写真、北相選手権)とWEED(中写真、昨秋)の選手たち。下写真は17日の練習の様子
 南区内で活動しているミニバスケットボール(ミニバス)チーム「若松クラブスポーツ少年団」(滑川千恵子コーチ)と「相模台WEED(ウィード)」(上原孝コーチ)の男子2チームが、今年1月に小田原市や藤沢市などで行われた第34回「神奈川県ミニバスケットボール決勝大会チャレンジカップ」(県バスケットボール協会主催)で、ともにベスト8の好成績を収めた。

 ミニバスは、12歳以下の小学生を対象とするバスケットボール競技。

 昨春、市内20チームが参加した北相東地区春季大会で、WEEDが1位、若松クラブが2位となった。次のステップで、相模原・座間・大和・厚木など9市町から53チームが参加した11月の北相選手権では、WEEDが2位、若松が3位と上位に入った。

 両チームは32チームが出場した次の県大会でも躍進。それぞれ優勝、準優勝したチームに敗れはしたものの、3回戦のベスト8に食い込んだ。

 若松クラブのチーム関係者によると「南区内から県8強に2チームが残るのは珍しく、快挙」という。今年結成5年目で、過去最高の成績を収めたWEEDの上原コーチは「子どもたちが頑張ってくれた。まだできて新しいチームだが、今後も全国大会を目指して練習に励みたい」と話した。

基礎を忠実に

 若松クラブは谷口台・若松・大沼小学校を、WEEDは相模台小学校を拠点とし、両チームとも男女それぞれ活動している。女子においては昨年の県大会で若松クラブが初優勝。全国大会で2位となっている。

 3月17日、麻溝台の市立総合体育館で若松クラブの練習が行われた。この日は6年生が中心。全国大会へ挑む「六ッ川ミニバスケットボールクラブ」(横浜市)との壮行試合に合同チームで臨むため、WEEDからも2人が参加した。選手は同クラブの滑川コーチの指導の下、2つのボールを使って両手で同時にドリブルをしたり、練習の合間にコートを全力で走ったりと、機敏に動き回っていた。

 滑川コーチは「とにかく基礎を忠実に教えている。春先は負けるが、夏を過ぎた頃から、身に付いた基礎が生きてくる」と指導方針を語った。

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

整備活動でW受賞

道正山るーたんの森

整備活動でW受賞

1月19日号

「生き抜く知恵」を体験

防災の集い

「生き抜く知恵」を体験

1月19日号

観光ツアー  1千通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1千通り準備

1月12日号

花粉飛散量「やや少なめ」

2669人が門出

南区成人式

2669人が門出

1月5日号

相模原創生目指す市政を

市長インタビュー

相模原創生目指す市政を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/