さがみはら中央区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

上溝の活性化が鍵 社会

小田多摩 市民団体が設立

今後の活動計画などについて話した小林会長
今後の活動計画などについて話した小林会長

 小田急多摩線の延伸と上溝駅の開設の推進を目的とした上溝地区の住民らによる市民団体「小田急多摩線延伸・上溝駅開設推進協議会」(小林充明会長)の設立総会が4日に開催された。

 当日は、同地区の住民のほか、小星敏行副市長をはじめ、県議会議員や市議会議員らが見守る中、同会のメンバーが協議会設立の経緯や今後の活動計画、予算などを報告。現状では、市がめざす「さがみはら新都心」構想の中に上溝地区の活性化は盛り込まれておらず、同地区でも小田急多摩線延伸を推し進める活動はしていなかった点が触れられ、今後は、住民が一体となって上溝地区を活性化させていく動きを活発にすることが重要であると確認された。小林会長は、「商店街や社協など各種団体と住民とで協力して取り組んでいきたい」と語った。
 

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク