さがみはら中央区版

コラムの記事一覧

  • 収蔵品展「江戸から明治の津久井」

    相模原市立博物館レポvol.10

    収蔵品展「江戸から明治の津久井」

    民俗担当学芸員 加藤隆志

     突然ですがここで問題です。写真は市内の駅の以前の姿です。現在のどこの駅でしょうか。ヒント1・写真では小さくて見にくいのですが、下側に「與(与)瀬停車...(続きを読む)

  • 奥深き「砂の世界」

    相模原市立博物館レポvol.9

    奥深き「砂の世界」

    学芸員 河尻清和

     砂は、砂浜や砂場など、私たちの身近に存在します。その他、河原、湖畔、砂丘や砂漠など、地球上のいたるところで砂を見ることができます。しかし、砂と一口に...(続きを読む)

  • 県民巻き込み「共生」理解を

    問われる「共生」

    県民巻き込み「共生」理解を

    第4回 県共生社会推進課 柏崎克夫課長

     障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた入居者殺傷事件を考える連載企画の第4回。今回は「障害者と行政」をテーマに、事件を受け2017年度から県に新設さ...(続きを読む)

  • 博物館deトレジャーハンター

    相模原市立博物館レポvol.9

    博物館deトレジャーハンター

    考古学担当学芸員 中川真人

     わたしたちの足下(あしもと)の大地には、何千年、何万年といったはるか大昔の先人たちの暮らしが眠っています。発掘調査によって眠りから覚めた考古資料は、...(続きを読む)

  • 50年の貴重な交流存続を

    問われる「共生」

    50年の貴重な交流存続を

    第3回 千木良地区連合自治会 長谷川兌(とおる)会長

     障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた入居者殺傷事件を考える連載企画の第3回目。今回は「障害者と地域」をテーマに、事件が起きたやまゆり園があった千木...(続きを読む)

  • 共生社会へ、舵を切れるか

    問われる「共生」

    共生社会へ、舵を切れるか

    第2回 和泉短期大学 鈴木敏彦教授

     障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた入居者殺傷事件を考える連載企画の第2回目。今回も前回と同じく「障害者と施設」をテーマに、神奈川県障害者自立支援...(続きを読む)

  • 向き合う「内なる差別心」

    問われる「共生」

    向き合う「内なる差別心」

    第1回 やまゆり園元職員・太田顕さん

     障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた入居者殺傷事件から5カ月以上の時が流れた。事件が残した爪痕を風化させないため、本紙では今回の事件が社会に何を問...(続きを読む)

  • 学習資料展「ちょっと昔のくらし」

    相模原市立博物館レポvol.8

    学習資料展「ちょっと昔のくらし」

    学芸員 指導主事 福井智之

     写真の机を使われた経験をお持ちの方はいらっしゃいますか?これは、かつて小学校で使われた二人がけ児童用学習机です。この学習机を使用された経験をお持ちの...(続きを読む)

  • 1

最近よく読まれている記事

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで消費者力アップ

みんなで消費者力アップ

20・21日、ミウィでイベント

10月20日~10月21日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク