さがみはら南区版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

外出を「みまもる」支援 新磯地域が独自事業

社会

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市から委託を受け、高齢者の保健・福祉・介護について無料で相談を受ける公的機関「高齢者支援センター」。市内に29カ所設置されている中で、「新磯高齢者支援センター」が独自に実施している事業が注目されている。

 それが、新磯地域に住む65歳以上の人に無料で配布している「新磯みまもるホルダー」=写真=。登録番号と同センターの連絡先が記載された6cmほどのキーホルダーで、一つひとつ職員が手作りしている。

 希望者は氏名や生年月日などのほか、緊急連絡先、主治医、疾患名、薬情報などを同センターに登録。もし、旅行や外出先で体調不良や事故にあった場合、ホルダーに記載されている電話番号に連絡してもらえば、それらの情報が警察や病院などに提供される。夜間や休日であっても同センターの職員が対応する。

 同事業は、2年前に地域住民から寄せられた「外出支援につながるツールが必要」との提案がきっかけ。自治会や民生委員、地区社協らで結成された「新磯地区地域福祉推進会議」が地域住民に諮りながら検討を重ね、今年4月に運用が開始された。11月25日の段階で98人が登録している。

 問合せは新磯高齢者支援センター【電話】046・252・7646へ。平日午前8時半から午後5時半受付。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「オリパラで街を元気に」

相武台地区

「オリパラで街を元気に」 社会

住民らが関連イベント

7月22日号

「先輩の悲願」胸に栄冠

「先輩の悲願」胸に栄冠 スポーツ

相陽中野球部 初の全国へ

7月22日号

2年振り「相模原薪能」

2年振り「相模原薪能」 文化

コロナ対策徹底し実現

7月15日号

人権意識、かるたで学ぶ

相陽中

人権意識、かるたで学ぶ 教育

生徒会本部がアイデア

7月15日号

交通安全願い 啓発物制作

相模原南警察署

交通安全願い 啓発物制作 社会

署員がイラスト描く

7月8日号

大船渡から礼状届く

相模女子大ボラ委員会

大船渡から礼状届く 教育

手作り紙芝居に感謝

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter