さがみはら南区版 掲載号:2017年2月2日号 エリアトップへ

おださがさくら祭り 「川柳」詠んで参加 今年2回目 さらなる賑わいを

文化

掲載号:2017年2月2日号

  • LINE
  • hatena
昨年のおださがさくら祭りのようす
昨年のおださがさくら祭りのようす

 昨年、初開催ながら1万人以上の人出で賑わった小田急相模原の春のイベント「おださがさくら祭り」が今年も3月25日(土)、松が枝公園(南区松が枝町)で開催される。地元飲食店による屋台も増えるほか、新たに「川柳企画」も登場。来場者参加型の祭り作りでさらなる賑わいを目指す。

 「小田急相模原に新たな賑わいを」との思いから地元の有志を中心に企業、自治会、商店会らが協力して作り上げるさくら祭り。桜の木に囲まれる公園一帯を会場とし、ステージでは、歌や踊りなどパフォーマンスが終日披露されるほか、地元飲食店らによる屋台も多数出店。縁日ブースも設けられるなど、子どもから大人まで楽しめる内容となっている※午前11時〜午後8時、小雨決行、荒天中止

「おださが」「さくら」あなたの一句を

 「簡単で、なおかつ老若男女みんなが楽しんで参加できるものだから」と川柳の発案経緯を語るのは実行委員長の荒俣大さん。昨年祭りを開催した後の実行委員会の話し合いで、より祭りを周知させ、事前に楽しみにできるものになればと今年取り入れたという。

 詠む句のテーマは「おださが」または「さくら」に関すること。祭り直前まで募集し、当日は上位者を参集し優秀賞等を授与。選者は毎日新聞の「万能川柳」、本紙でもお馴染みのコピーライター・水野タケシさんが務め、句の選定のほか、祭り当日の授賞式にも立ち会うこととなっている。

 小田急相模原が地元でもある水野さんは「審査委員長のおはなしを頂き大変光栄です。川柳がおださがの新しい魅力を発見するきっかけになればと願っています」と意気込む。なお句を詠む際のポイントとして「可能な方は実際におださがの街を歩いて発見したことを詠むと説得力が増します。お店や施設の名前を具体的に詠みこむとイメージが喚起しやすくなりますよ」と話している。

 応募はメール【メール】ka.hi1928since2013@gmail.com又はFAX042・742・8819又は郵送(〒252-0313南区松が枝町3の21実行委員会青島さん宛)で。募集期限は3月15日。

選者の水野タケシさん
選者の水野タケシさん

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「毎日、温かいご飯を」

「毎日、温かいご飯を」 社会

週5日の「 こども食堂」誕生

1月23日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

令和も大野で新成人祝う

令和も大野で新成人祝う 社会

13日「はたちのつどい」

1月9日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク