さがみはら南区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

障がい児チアチーム 全国で成長した雄姿 昨年市内で発足

教育

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena
全国大会の舞台に立った、Rainbowsのメンバー7人。本番用のチアの衣装で整列(市民健康文化センター)
全国大会の舞台に立った、Rainbowsのメンバー7人。本番用のチアの衣装で整列(市民健康文化センター)

 昨年4月に相模原市で結成した、日本初の障がいのある子どもたちのチアリーディングチーム「チャレンジドチア Rainbows」が今月25日、全国の舞台に立った。1年間、市内で毎週練習を重ねたメンバー7人の集大成に、観客からは大きな拍手が送られた。

 「すべてが激変です。子どもたちの成長は驚きの連続でした」とこの1年を振り返るのは、同チームを運営するNPO法人スピッツェンパフォーマンスの多田久剛代表理事(相模大野)。アメリカで障害を持つ子どもたちのチア演技に感動し、「日本でも同様のチームを作りたい」と昨年4月に市内で立ち上げた。結成から週に1度、麻溝台の市民健康文化センターで練習を重ねていった。

日々成長を実感

 現在メンバーは、年長生から中学2年生まで、相模原市近郊在住の7人。「脱走したり、壁に向って何かを唱えていたり、床に寝っころがったりでしたね」と多田代表は当初の様子を振り返る。やがて、市内の医師や理学療法士のサポートの元、インストラクターを中心に練習を重ねるうちに、子どもたちは指導者のことを見るようになり、列に並べるようになっていくなど、成長を日々感じられたという。

 チーム結成時から大きな目標に掲げていた全国大会の舞台。25日に幕張メッセで行われた「USA Nationals 2017」において、ゲストパフォーマンスとして登場した。「私たちはチャレンジドチア。どんな演技でも受け入れるつもりで見守ります」と、期待と緊張でいっぱいの多田さんら関係者の目の前でメンバーは2分間、音楽に合わせて精一杯演技した。「初めての場に得意な子たちではないのですが、本当にいつも通り、それ以上の演技ができました」と多田代表は喜びを噛み締めた。

第2期生を募集

 同法人では現在、第2期生を募集している。練習開始は4月4日(火)で、午後6時30分から7時30分、市民健康文化センター。対象は、身体障害者手帳、療育手帳を持っている人、診断がついている小中学生。「来年も全国大会出場を目指します。市内でも演技を披露する機会がもてれば」と多田代表は話している。

 体験申込みの問合せは【電話】042・702・9439/【メール】info@spitzen-performance.jp多田さんへ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

罰則強化で事故減へ

携帯電話等「ながら」運転

罰則強化で事故減へ 社会

1日から道交法改正

12月5日号

スケボー五輪代表に前進

光明相模原白井空良さん

スケボー五輪代表に前進 スポーツ

ブラジルの大会で優勝

12月5日号

団地再生へ新たな一手

ユソーレ相武台

団地再生へ新たな一手 社会

多世代交流の拠点に

11月28日号

夢の「全豪切符」獲得

光明相模原松田絵理香さん

夢の「全豪切符」獲得 スポーツ

アジアの強豪破り優勝

11月28日号

「口の衰え」予防へ全力

相模台地区

「口の衰え」予防へ全力 社会

高齢者向けに啓発活動

11月21日号

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

握り鮨 届け続けて50年

握り鮨 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク