さがみはら南区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

「パラスポーツ」一日体感 市内初 講演や競技体験も

スポーツ

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
イベントのチラシを持つ青山由佳さん
イベントのチラシを持つ青山由佳さん

 障害のある人もそうでない人も、すべての人がスポーツを共に楽しむことを目的としたイベント「第1回かながわパラスポーツフェスタ2017」が8月26日(土)、市立総合体育館(麻溝台)で開催される。神奈川県主催。同イベントは2015年から県内各地で行われており、市内での開催は初めてとなる。

 これは、すべての人が自分の運動機能を活かして同じように楽しみながらスポーツを『する』『観る』『支える』、『かながわパラスポーツ』を推進するため、県内各地で毎年数回開催されているイベント。パラスポーツに携わる人の講演会などの他、実際に一般参加者がパラ競技を体験できる内容となっている。

 当日は、リオ2016パラリンピック車いすテニス日本代表チームの監督を務めた中澤吉裕さんが講師となって、「一緒にできる」をテーマに講演会を行うほか、中澤さんに加え、リオパラリンピック女子マラソン(視覚障害)銀メダリスト・道下美里選手のガイドランナーを務めた青山由佳さん、三宅克己さん、二條実穂選手ら4人が、パラスポーツをともに楽しむ素晴らしさを語るトークショーも行われる。

 そのほか、パラリンピックの競技種目である「車いすテニス」「車椅子バスケットボール」「盲人マラソン」が体験できる(午後2時〜)ほか、ファミリーバドミントンやブラインドサッカーなどが楽しめるコーナーも設けられる。

「構えず親しんで」

 トークショーに登場する青山由佳さん(31)は、市内在住で市役所に勤務している。現在も道下さんのガイドランナーを務める傍ら、自身もハーフ・フルのマラソンを続ける公務員ランナーだ。「(一人で走るより)選手の走りやすい環境など考える事が多く、やりがいに繋がっています」とその競技の魅力を語る。「パラスポーツというと構えてしまう人が多いかと思いますが、実際はとても親しみやすいもの。ぜひ体験してもらえたら」と話している。イベントは午後1時から4時30分で、参加無料(予約不要)で室内靴持参。競技体験の参加希望者は、軽度の運動ができる服装、タオル、飲み物の用意を。なお今年度は10月21日(土)に箱根町で第2回が、11月5日(日)に厚木市で第3回が行われる。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク