さがみはら南区版 掲載号:2018年8月16日号
  • LINE
  • はてぶ

全国学力テスト 市の正答率、平均を下回る 一部教科では数値改善

教育

 子どもの学力把握を目的とした「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の今年度の結果が発表された。相模原市は小学校、中学校ともにすべての調査において全国平均正答率と比べ、同水準もしくは低い状況となった。昨年度の結果と比較すると、小学校の国語A・算数Aは全国との差が縮まった。

 全国学力テストは、全国の小学6年生と中学3年生を対象に毎年4月に実施されている。対象教科は国語と算数(数学)。それぞれ基礎的な知識や能力を問う「問題A」と、活用力を問う「問題B」が出題された。また今回は3年に1度の理科も実施され、「知識」と「活用」 に関する問題が一体的に問われた。

 市教育委員会によると、中学校の国語B以外の科目の正答率が昨年度に続き全国平均を下回ったものの、小学校の国語Aでは2%、算数Aでは3%全国と差が縮まった。一方、昨年度全国平均と同水準だった中学校国語Aは、全国を2%下回ったほか、中学校数学Aは3%、数学Bは2%離される結果となった。理科では、正答率が小・中学校ともに全国平均より2%低い数値だった。

 市教委は今回の学力テストの結果を受けて、「基礎を重視した授業づくりに取り組み、数値が上がった教科もあり、一定の評価はしている」とコメントしている。

生活習慣に課題も

 同時に行われた生活習慣などに関するアンケート結果では、小中ともに「生活習慣」と「自主学習」の項目で課題が見られた。

 「毎日同じくらいの時刻に起きていますか」の項目では「起きている」と答えた生徒が中学校では全国に比べ10・4%低い45・5%、小学校では3・1%低い56・8%という結果になり、児童・生徒の相対的に不規則な生活習慣を示した。また、「家で学校の宿題をしているか」の項目では、全国との差が顕著な中学校は、「している」と答えた生徒が全国に比べ13・1%低い55・4%だった。

 市教委では、学力向上のため小学校20校に学習支援員を配置し、指導や学習支援を充実させる。また、家庭学習、生活習慣の定着を目的とした出前講座を行う予定だ。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

「障害」考える研修とは

区内店舗がWで大賞

相模原お店大賞

区内店舗がWで大賞

11月15日号

ミサイル防衛司令部設置

米陸軍補給廠

ミサイル防衛司令部設置

11月8日号

昇格2年で3位に飛躍

ノジマステラ神奈川相模原

昇格2年で3位に飛躍

11月8日号

東日本大会  金賞に輝く

相模女子大高吹奏楽部

東日本大会 金賞に輝く

11月1日号

風しん患者 4年ぶり報告

相模原市

風しん患者 4年ぶり報告

11月1日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マンドリンの調べ

マンドリンの調べ

11月23日 定期演奏会

11月23日~11月23日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク