さがみはら南区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • はてぶ

相模女子大中高新井さん 南極から「衛星授業」 美術教諭として全国初

教育

地球儀の南極大陸を示す新井さん
地球儀の南極大陸を示す新井さん
 第60次南極地域観測隊の夏隊に、相模女子大学中学部・高等部の芸術科美術教諭、新井啓太さん(34)が同行者として参加する。国立極地研究所が実施している「教員南極派遣プログラム」を活用したもので、美術教諭が南極に派遣されるのは全国でも初めてとなる。

 「昔から南極を目指していたわけではないんです」と笑う新井さん。

 きっかけは2017年初旬、子どもたちと一緒に訪れた「はまぎんこども宇宙科学館」(横浜市)だった。そこで南極に関する展示や講演を聞き、強く興味を覚えたという。同年が昭和基地開設60周年だったこともあり、国立極地研究所で行われた記念の南極まつりも家族で訪問。その際に配られた新聞記事で派遣プログラムの存在を知り、教員の同行者を募集している記事を家族が見つけてくれた。「(南極に行く)流れが来ている」と思い立ち、締切直前だったものの急いで企画書を作成。応募を試みたが、突然の話で所属学校の許可を得ることが難しく、断念した。そして今年、学校の許可を得て満を持して応募。見事に採用され、同行が決定した。

生徒も参加

 南極からは衛星回線を使い、日本の子どもたちに向けた「南極授業」を行う。「南極から一方的に情報を送るのではなく、日本からも南極に応援や希望を届けられる形にしたい」。そんな思いから学校内で有志の生徒チームを募集、170人ほどが手を挙げてくれた。日本から想いを届けるため、音楽や美術、書道などのライブパフォーマンスも企画しているという。

 新井さんは11月下旬にオーストラリアに渡り、そこから砕氷艦「しらせ」に乗船。南極の昭和基地到着後は様々な研究チームに同行、ほぼ1カ月間飛び回る予定となっている。「不安よりも楽しみの方が遥かに大きい。子どもたちに還元できるよう、貴重な経験をしっかりと持ち帰りたい」と意気込んでいる。帰国は来年3月下旬の予定だ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

新人戦で初優勝

プロボウラー坂本選手

新人戦で初優勝

10月18日号

内閣府から表彰

南区学生自転車会議

内閣府から表彰

10月18日号

初のコラボレーション

ノジマステラ×タウンニュース

初のコラボレーション

10月11日号

悲願の東関東代表に

相模女子大高吹奏楽部

悲願の東関東代表に

10月11日号

伊勢丹 来年9月閉店へ

アジア3位に貢献

大野小6年牧原賢汰くん

アジア3位に貢献

9月27日号

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

日曜日でも健康診断ができます

相模大野駅徒歩3分 ヘルス・サイエンス・センター

http://hscsagami.or.jp

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク