さがみはら南区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • hatena

相模女子大中高新井さん 南極から「衛星授業」 美術教諭として全国初

教育

地球儀の南極大陸を示す新井さん
地球儀の南極大陸を示す新井さん
 第60次南極地域観測隊の夏隊に、相模女子大学中学部・高等部の芸術科美術教諭、新井啓太さん(34)が同行者として参加する。国立極地研究所が実施している「教員南極派遣プログラム」を活用したもので、美術教諭が南極に派遣されるのは全国でも初めてとなる。

 「昔から南極を目指していたわけではないんです」と笑う新井さん。

 きっかけは2017年初旬、子どもたちと一緒に訪れた「はまぎんこども宇宙科学館」(横浜市)だった。そこで南極に関する展示や講演を聞き、強く興味を覚えたという。同年が昭和基地開設60周年だったこともあり、国立極地研究所で行われた記念の南極まつりも家族で訪問。その際に配られた新聞記事で派遣プログラムの存在を知り、教員の同行者を募集している記事を家族が見つけてくれた。「(南極に行く)流れが来ている」と思い立ち、締切直前だったものの急いで企画書を作成。応募を試みたが、突然の話で所属学校の許可を得ることが難しく、断念した。そして今年、学校の許可を得て満を持して応募。見事に採用され、同行が決定した。

生徒も参加

 南極からは衛星回線を使い、日本の子どもたちに向けた「南極授業」を行う。「南極から一方的に情報を送るのではなく、日本からも南極に応援や希望を届けられる形にしたい」。そんな思いから学校内で有志の生徒チームを募集、170人ほどが手を挙げてくれた。日本から想いを届けるため、音楽や美術、書道などのライブパフォーマンスも企画しているという。

 新井さんは11月下旬にオーストラリアに渡り、そこから砕氷艦「しらせ」に乗船。南極の昭和基地到着後は様々な研究チームに同行、ほぼ1カ月間飛び回る予定となっている。「不安よりも楽しみの方が遥かに大きい。子どもたちに還元できるよう、貴重な経験をしっかりと持ち帰りたい」と意気込んでいる。帰国は来年3月下旬の予定だ。

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

桜台美術館 節目の100回

攻めの演技で全国3位

光明相模原高山田朱音さん

攻めの演技で全国3位

12月6日号

個人で国の若者表彰受賞

入場者数1,000万人に

相模女子大学グリーンホール

入場者数1,000万人に

11月29日号

教育環境整備に重点

市12月補正予算案

教育環境整備に重点

11月22日号

県大会で初優勝

東海大相模高男子バレー部

県大会で初優勝

11月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月22日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク