さがみはら南区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

ノジマステラ×タウンニュース 初のコラボレーション 地元タッグで盛り上げ

スポーツ

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena
(上)両親から祝福される大野選手・相模女子大学高等部のバトントワリング部(下)挨拶する井坂取締役・会場を沸かせたノジマのチア「Spica」
(上)両親から祝福される大野選手・相模女子大学高等部のバトントワリング部(下)挨拶する井坂取締役・会場を沸かせたノジマのチア「Spica」

 女子サッカー・なでしこリーグの第14節が各地で開催され、地元チームのノジマステラ神奈川相模原は6日、セレッソ大阪堺レディースと相模原ギオンスタジアムで対戦した。試合には惜しくも敗れたものの、相模原市で初の試みとなった「タウンニュース スペシャルマッチ」では、相模女子大学高等部のパフォーマンスなど、この日ならではのイベントが観衆を楽しませた。

 当日は晴天に恵まれ、1013人が来場した。試合開始に先立ち(株)タウンニュース社の井坂欣弥取締役は「サッカーを愛する全ての人の心に響くベストゲームになるよう、ご声援お願いします」とあいさつ。また、前節に史上4人目となる「リーグ通算300試合出場」を達成した大野忍選手に花束が贈呈され、会場は大きな拍手に包まれた。

 ハーフタイムには相模女子大学高等部のバトントワリング部がパフォーマンスを披露。先日、全国大会の「ジャパンカップ」個人部門で初優勝を果たした大野純依(じゅい)さん(3年)も、強風の中で見事な演技を行った。

「チア」お披露目

 8月に結成されたノジマのチアリーディングチーム「Spica(スピカ)」は、この日が初お披露目となった。試合前とハーフタイムに加え、ノジマの得点時にも激しいダンスで会場を盛り上げた。

 試合は田中陽子選手のゴールで先制するも、1対2で逆転負けを喫した。吉見夏稀主将は「悔しい敗戦だが、修正して残りの試合につなげていきたい」と前を向いた。

 次節は10月13日(土)、ノジマはホームに日体大FIELDS横浜を迎える。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

学習の成果 ボーノで発表

谷口台小

学習の成果 ボーノで発表 教育

1日限定「蚕の博物館」

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

交通事故が急増中

南署管内

交通事故が急増中 社会

高齢者、自転車は県内最多

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 社会

公社と相模女子大が協定

2月13日号

「常笑」胸に初優勝

東海大相模女子バスケ

「常笑」胸に初優勝 スポーツ

アレセイアの連勝止める

2月6日号

「史上最高」を目指して

ノジマステラ神奈川相模原

「史上最高」を目指して スポーツ

2020新体制発表

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク