さがみはら南区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

東日本大震災 避難者、市内に311人 「住まい」に関する不安増加

社会

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災から8年が経った。被災地からの避難者数は全国で約5万2千人に及び、相模原市内でも300人を超える。避難者向けの相談窓口や交流会の利用は年々減少し、避難先での生活になじむ様子がみられる一方、住宅や経済的な悩みを抱える声も残る。

 市地域福祉課によると、震災直後の2011年5月時点の市内への避難者は252人。以降、13年6月の414人をピークに近年は減少しているが、今年2月1日時点でいまだ311人が避難を続けているという。

交流会 役割終える

 市では11年に避難者向けの相談窓口を開設。保健や福祉などの相談を受け付けてきたが、徐々に利用者が減っており、今年度は利用実績がない(2月末時点)。同じく11年から、市は避難者の交流会「ふれ愛」の開催を始めたが、当初90人ほどだった参加者は年々減少。15年には5人となったため、現在は開催自体を取りやめている。「近所になじむなど、避難者だけで集まらなくとも特段よくなり、交流会は一定の役割を終えたのでは」と地域福祉課の担当者は話す。アンケートでも「市民に温かく迎えてもらい楽しく過ごせている」といった声が上がるなど、地域にとけ込んでいる様子も伺えるという。

 神奈川県内で避難者の相談事業や交流会を行うNPO法人「かながわ避難者と共にあゆむ会」でも同様の傾向がみられる。毎月行う交流会の参加者は当初の20人から半数ほどに減少。県内各地で行う困り事の全般を受け付ける相談会の利用者も、最近は2〜3人に留まる。「故郷に帰った人もいるが、当初の不慣れな生活から落ち着いてきた印象はある」と同会。「来年度も変わらず継続するが、長い目で見ると今後のあり方を検討していくことも必要」としている。

「継続的な支援が必要」

 県では避難者の戸別訪問事業「かながわ避難者見守り隊」を継続している。昨年同事業で行った調査では、住まいに関する困り事や不安があるという回答が上位にあがった。個別相談でも住宅供与の終了に伴い新居を探す必要に迫られるなど、住まいに関する相談が増えたという。県は「住宅の相談は多いが、経済面や健康面、心のことなど、悩みは多岐にわたり、まだまだ支援が必要。さまざまな相談に対応していく」としている。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

宅配ボックスを無料配布

相模原市

宅配ボックスを無料配布 社会

感染対策狙い、限定5千個

10月29日号

生徒の「声」が原動力

相模女子大学高等部

生徒の「声」が原動力 社会

オンライン学祭 来年開催

10月29日号

俳句雑誌「星時計」を創刊

南台在住大元祐子さん

俳句雑誌「星時計」を創刊 文化

市民ら70人が投句

10月22日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月22日号

小野選手が3000mでV

相模原中等校3年

小野選手が3000mでV スポーツ

中学陸上県大会の頂点に

10月15日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク