さがみはら南区版 掲載号:2019年4月11日号
  • LINE
  • hatena

統一地方選相模原市長 本村氏が現職破り初当選 野党系 「対話重視」が浸透

政治

当確の報道を受け、支援者らと万歳で喜ぶ本村氏                   =7日、選挙事務所
当確の報道を受け、支援者らと万歳で喜ぶ本村氏                   =7日、選挙事務所

 任期満了に伴う統一地方選挙の前半戦、神奈川県知事・相模原市長・神奈川県議会議員・相模原市議会議員の4選挙が7日に投開票され、市長選では前衆議院議員で新人の本村賢太郎氏(48)が現職の加山俊夫氏(74)や他の新人候補を大差で破り初当選した。保守分裂の中、野党系の支持を集め新市長となった本村氏は、市民との対話を重視した市政運営を進めていくことを強調しつつ「令和という新時代を迎える中で、顔の見える市長をめざしていく」と話している。

 午後8時、NHKで「本村氏当確」の報道が出ると、事務所を埋め尽くした支援者から歓声が沸き起こった。その後間もなく、本村氏が姿を見せると大きな拍手と「おめでとう」の声が飛んだ。

 政治の師である元衆議院議員の藤井裕久氏とともに壇上に立った本村氏は、支援者に深々と頭を下げた後にマイクを握ると、「誇りの持てる相模原市をめざしたい。平成最後の相模原市長として、また令和という新時代を迎える市長として、顔の見える市長をめざしていく」とあいさつ。選挙戦でも訴え続けた対話の重要性にも触れ、「対話無くして市の未来を次の世代につなげられない。皆さんの小さな声を拾っていきながら、チャレンジする相模原にしていきたい」と意気込んだ。

 4選をめざした現職の加山氏は神妙な面持ちで、「お力を借りながらこのような結果になり申し訳ない」と支援者に詫び、「市が今どのような方向を向いているか、どのような状況にあるか、日頃から市民にお伝えする部分が欠けていた」と敗因を述べた。新人の宮崎雄一郎氏(52)は「必勝を期してやったが申し訳ない。今はすがすがしい気持ち」とし、同じく新人の八木大二郎氏(55)は「私の力足らず。支援を頂き一人ひとりに感謝したい」と話した。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

13年ぶり7月開催

相模原納涼花火大会

13年ぶり7月開催

5月16日号

2千mにコース延長

相模湖漕艇場

2千mにコース延長

5月16日号

新たな時代 「令和」が舞う

あの日、陛下は石老山へ

「戦車闘争」を映画化へ

「相模原名物」宇宙へ

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク