さがみはら南区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

カナダボートチーム 相模湖でテストキャンプ 「両国でより深い交流を」

スポーツ

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
本村市長(左)から記念品が贈呈された
本村市長(左)から記念品が贈呈された

 2020年東京オリンピックの事前キャンプを相模湖漕艇場で行うことが決定しているカナダ代表ボートチーム。1年後に控える本番を見すえて、7月29日から8月5日までのテストキャンプを行うために来相した同チームの歓迎レセプションが7月30日、キャンプ期間中の宿舎・研修センターふじの(緑区)で開かれた。

 出席したのは「世界ボートジュニア選手権」(8月7日〜11日/東京・海の森水上競技場)へ出場する選手16人、コーチ及びスタッフ8人の計24人。3月28日にカナダボート協会と市が、正式に東京オリンピックの事前キャンプ実施に関する協定を締結した後、同協会から今夏にテストキャンプを行いたいとの申し出を受けて実現した。市内ではブラジルチームなどが事前キャンプを実施することが決定しているが、こうしたテストキャンプは市内で初めて。

 レセプションは、地元の学生による演奏で出迎え、相模原市の特産品や記念品を贈呈。これを受け、カナダボートチームのチームリーダーのチャック・マクダーミド氏は「緑区は自然も多く、滞在を楽しく調整できる環境。厚いおもてなしに感謝する」と話した。

 本村賢太郎市長は「トロント市とは、友好都市として交流を続けており、多くの市民がカナダに親しみを感じている。今回、18歳以下の選手のキャンプとなるが、同世代の人たちと交流を深め、緑区の自然や文化、伝統を感じていって欲しい。来年のキャンプを含めてより一層、お互いの交流、絆が深まれば」と挨拶した。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

学習の成果 ボーノで発表

谷口台小

学習の成果 ボーノで発表 教育

1日限定「蚕の博物館」

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

交通事故が急増中

南署管内

交通事故が急増中 社会

高齢者、自転車は県内最多

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 社会

公社と相模女子大が協定

2月13日号

「常笑」胸に初優勝

東海大相模女子バスケ

「常笑」胸に初優勝 スポーツ

アレセイアの連勝止める

2月6日号

「史上最高」を目指して

ノジマステラ神奈川相模原

「史上最高」を目指して スポーツ

2020新体制発表

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク