さがみはら南区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

「余った食品 持ち寄って」 市が受入窓口を開設

社会

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena

 まだ食べられるにも関わらず家庭内で廃棄される「食品ロス」の削減をめざし、相模原市は10月1日、余剰食品を受け入れる「フードドライブ」の常設窓口を市内3カ所に開設した。常設窓口の設置は、県内では川崎市に続き2例目。

 「フードドライブ」とは、家庭で余っている未使用食品を集め、必要としている人や団体に届ける活動。市ではイベント開催時に随時実施してきたが、今年4月にスタートした「第3次一般廃棄物処理基本計画」において、生ごみと食品ロスの削減を重点施策として掲げたこともあり、受入窓口を常設することとした。

 窓口は市役所本館6階資源循環推進課、麻溝台リサイクルスクエア(南区麻溝台1524の1)、橋本台リサイクルスクエア(緑区下九沢2084の3)の3カ所。受け入れできる食品は、市販の商品で未開封、常温保存が可能なもの。さらに消費期限または賞味期限の表示があり、受入時点から期限の到来まで2カ月以上の期間があるものとなっている。

 各窓口に届けられた食品は、余った食べ物と食べ物に困っている人をマッチングする「フードバンク」活動を行う団体を通じ、こども食堂や福祉施設等で利用される予定。施策に関する問合せは、資源循環推進課【電話】042・769・8334へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

事業者、市民へ感謝を

事業者、市民へ感謝を 経済

市が「39キャンペーン」実施

7月9日号

リフォームで地域貢献

ニッカホーム関東株式会社

リフォームで地域貢献 社会

特養に無償で自動水栓

7月9日号

区制10周年記念切手を販売

日本郵便

区制10周年記念切手を販売 社会

各区と共同作成で3種類

7月2日号

都県を越えて啓発活動

交通安全

都県を越えて啓発活動 社会

3署合同でキャンペーン

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て、開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク