さがみはら南区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

ノジマステラ西郡選手、根府選手 世代別代表でアジア制覇 「夢はなでしこジャパン」

スポーツ

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
大会の優勝メダルを手に笑顔の西郡選手(左)、根府選手
大会の優勝メダルを手に笑顔の西郡選手(左)、根府選手

 女子サッカーの16歳以下日本代表が9月にタイで開かれた「AFC U-16女子選手権タイ2019」で大会史上最多となる4度目の優勝を果たした。アジア8カ国が臨んだ今大会には、地元チーム、ノジマステラ神奈川相模原の下部組織から西郡(にしごおり)茉優(まひろ)選手(15)、根府(ねぶ)桃子選手(15)が出場。日本の優勝に貢献した。

共に12歳で入団

 攻撃的MFの西郡選手は、秦野市在住。兄と共に3歳からボールを蹴り始め、中学入学時に先輩の勧めでノジマの下部組織に入団した。この春からは県立弥栄高校に通い、放課後に南区新戸の練習場で汗を流す。初の海外遠征となった今大会では、全5試合中2試合に出場。「緊張はなく、思い切りプレーできた」と話すも、準決勝、決勝はベンチを温めた。「試合に出られない時間が長くて悔しかった。家族やチームメイトのアドバイスで気持ちを奮い立たせて、練習で少しでも成長できるよう高い意識で臨んだ」と振り返った。「これからは選ばれるだけでなく、代表チームを勝たせられる選手になりたい」と次なる目標を見据える。

 FWの根府選手は、町田市在住。地元のFC芹ヶ谷東京を経て、町田市立南中学入学時にノジマの門を叩いた。「ボールを持っていない時の動き出し、ゴールに迫るプレーが特長」の根府選手は、決勝を含めた4試合に出場し大会2ゴール。「チャンスはあったので、もっと得点に絡むことが課題」と振り返った。中学3年ながら、飛び級で西郡選手と共にノジマの18歳以下のチームで練習する根府選手。「代表選手の自覚を持って、周囲に刺激を与えられる選手になりたい」と話した。

 今大会の成績により、日本は来年11月にインドで開かれる「FIFA U-17女子ワールドカップ」に出場する。「将来はなでしこジャパンで活躍したい」と目を輝かせた2人。ノジマでの成長が、夢を現実にする。

トップチームは悔しい敗戦

 ノジマのトップチームは10月26日、相模原ギオンスタジアムで、なでしこリーグ1部第17節日体大FIELDS横浜戦を行った。ホームでの最終節となる試合は0―1で敗れたが、試合後には駆け付けた600人のサポーターに選手らから感謝の言葉が述べられた。

 野田朱美監督は「積み上げてきたものが試合の随所に見られたが、日頃からサポートしていただいている皆さんに勝利を届けられず申し訳ない」とあいさつ。石田みなみ主将は今季を振り返り「菅野監督やチーム一期生との別れ、田中陽子や田中里穂の移籍などもあり、苦しいシーズンでした。しかし不安定なチーム状況の中でも戦ってこられたのは、皆さんの応援があったからです」と感謝の言葉を口にした。

 ノジマのリーグ1部最終節は11月2日 (土)、長野県でAC長野と対戦する。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

ウェブが舞台に

パフォーマンスステージ

ウェブが舞台に 文化

動画作品を募集

9月24日号

市内飲食、宿泊業がタッグ

市内飲食、宿泊業がタッグ 社会

新団体設立へ 発言力強化

9月24日号

米国の映画賞受賞

淵野辺出身杉岡太樹監督

米国の映画賞受賞 文化

ドキュメンタリー作品で

9月17日号

中3生へ「最高の思い出に」

サッカードリームマッチ

中3生へ「最高の思い出に」 スポーツ

元日本代表との対戦実現

9月10日号

展示大凧 初の修復

相模の大凧センター

展示大凧 初の修復 文化

密を避け和紙を張替え

9月10日号

純相模原産日本酒を

緑区農家有志

純相模原産日本酒を 文化

酒米栽培に奮闘中

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク