さがみはら南区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

相模原市邦舞三曲連盟の会長に就任した 大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修) 若松在住 71歳

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

古典芸能の「魅力」伝承

 ○…日本舞踊や琴・尺八などの古典芸能や純邦楽の伝承と技能の向上を図る相模原市邦舞三曲連盟の会長にこのほど就任。約30年間、同会を率いた前会長からの代替わりに「身が引き締まる思い」と真剣な表情を見せる。「前会長が築いたものを大切にしながら、私にしかできない方法で会を盛り上げていきたい」

 ○…「尺八」との出合いは高校2年生。偶然見付けた埃まみれの尺八を同級生数人で遊び半分で吹いてみたところ、一人だけ音が出なかった。自他共に認める「負けず嫌い」な性格で、その日以来毎日練習し、やっと音が出るようになった頃にはとりこになっていた。恩師である加藤栖山師に師事してからはプロを志し、研さんを重ね、その圧倒的な音色と古典音楽の枠にとらわれない観念から、「野性尺八」と自称する独特の演奏スタイルを確立。現在までロック・ジャズなどのジャンルを超え、様々なアーティストとのセッションを国内外問わず展開している。

 ○…兵庫県西宮市出身で、筋金入りの阪神ファン。生家は甲子園球場へ歩いて行けるほど近く、友人と通い詰めた。「あの頃は甲子園もボロボロだったけれど、選手との距離が近かった」と目を細める。8年前には同チームの対談イベントで、ユニフォーム衣装で六甲おろしを熱奏。「最高の気分だったね」と顔をほころばせる。

 ○…古典芸能に親しむ若い世代の減少を懸念し、普及にも積極的に取り組んでいく。70歳を超えた今でも年に90公演をこなすエネルギーの原動力は、愛する伝統文化を継承することの使命感。そして念願は「市内に愛好者を増やし、会で年に一度開催する公演会を満席に」。会一丸となって、古典芸能の魅力普及のためまい進する。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook