さがみはら南区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

市にマスク2,000枚 相模女子大学が寄贈

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
寄贈式に出席した(左から)齋藤淳志学園事務部長、速水俊裕事務局長、長谷川伸南区長、若林和彦こども・若者未来局参事
寄贈式に出席した(左から)齋藤淳志学園事務部長、速水俊裕事務局長、長谷川伸南区長、若林和彦こども・若者未来局参事

 新型コロナウイルス感染症対策として、区内相模大野にある学校法人相模女子大学(佐々木勝洋理事長)が防災用備蓄マスク2000枚を相模原市に寄贈した。11日に行われた寄贈式には、同学園の速水俊裕事務局長らが出席。長谷川伸南区長と相模原市こども・若者未来局の若林和彦参事に目録とマスクを手渡した。

 今回の寄贈は、「市内の保育現場でマスクが不足している」と訴える本村賢太郎市長の会見を、佐々木理事長が見たことがきっかけだった。子ども教育学科を持ち、卒業生の多くが市内の保育施設で働いている同大学。災害に備えて学園内に備蓄してあったマスクを市に寄贈し、保育現場で活用してもらうことを思いついた。

 用意されたマスクは50枚入り40箱、計2000枚。寄贈式に出席した速水事務局長は「少ない枚数ではあるが、市のために有効活用いただきたい。市内で働いている保育者の皆さんが、安心して従事できる一助になればうれしい」と話した。

 目録とマスクを受け取った長谷川区長は「新型コロナウイルスの感染が拡大し、市内でも20人を超える感染が確認されている。市を挙げて全力で対策に取り組んでいる中、このような申し出は誠にありがたい」と謝辞を述べた。市では現状を把握するために保育所等に対して実施したアンケートをもとに、緊急性の高い施設への配布を検討するとしている。

 また、長谷川区長は「今は全員が力を合わせて乗り越えていく時だが、将来的には、備蓄のあり方も見直していく」とし、速水事務局長も「大学でも子ども用マスクの備蓄などを検討していきたい」と話した。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

ピンク色のバッタを発見

桜台小池田朔君

ピンク色のバッタを発見 社会

色彩変異が原因か

5月28日号

コロナ対策、補正予算33億

相模原市

コロナ対策、補正予算33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

「逆境に負けないために」

「逆境に負けないために」 社会

「さがプロ」がウェブで講座

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 政治

早くて5月下旬に振込

5月14日号

「誇れる街」の実現へ

「誇れる街」の実現へ 政治

新設された「市長公室」とは

5月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク