さがみはら南区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

当初予算案一般会計 6年ぶり減の2,989億円 緊縮編成 コロナ対策継続

政治

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は9日、2021年度当初予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響などによる大幅な市税減収などを受け、一般会計は過去最大だった前年度から一転、83億円減(2・7%減)の2989億円と6年ぶりに減少。新規事業を抑え、新型コロナや市民生活に密接する緊喫の課題に対応するための必要最低限の予算編成となった。

 一般会計の歳入総額は2989億円で、全体の41%を構成する市税収入は73億円減の1224億円。新型コロナの影響により、個人住民税が約46億円、法人市民税が約15億円の減収を見込む。

 歳出では人件費、扶助費、公債費の義務的経費が前年度比1・3%増の約1989億円で全体の66・5%を占める。生活保護者や高齢者、児童、障害者などを支援する社会保障にかかる扶助費が33億円増加。一方で公共施設整備などを行うための投資的経費は70・1億円減少した。自治体の貯金にあたる財政調整基金の残高は約60億円で、ピーク時だった13年度の半分以下となる見込み。

夜間中学開設へ

 主な事業としては、新型コロナ感染拡大防止対策に6億680万円を計上。相談センターの運営やPCR検査の実施、入院受入医療機関への支援などに充てるほか、応急的支出に備えるための予備費を前年度から3億円増額して4億円とした。東京五輪・パラリンピック関連は、自転車ロードレース競技関連や大会後のレガシー(遺産)創出へ向けた取り組みなどに2億4981万円を盛った。橋本・相模原両駅周辺地区は都市基盤や土地利用の検討を進める。麻溝台・新磯野土地区画整理事業は計画の変更案作成やそのための地中調査などを実施。21年度中には方向性を示す見通し。

 このほか、SDGs推進やシビックプライド向上、行政手続きのデジタル化などにも経費を盛り込んだ。新規事業では22年4月の開校をめざす夜間中学設置の準備を進める。南区文京にある市立大野南中学の分校と位置付け、隣接する県立神奈川総合産業高校の校舎を活用する考え。

 当初予算案は現在開会中の市議会3月定例会議で審議され、3月24日に採決される。
 

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

新磯小 130周年祝い桜

新磯小 130周年祝い桜 教育

校庭に植樹

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook