さがみはら南区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

納涼花火、今年も中止 新型コロナ 感染拡大で

文化

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena
昨年の代替事業で打ち上げられた花火=2020年11月22日撮影
昨年の代替事業で打ち上げられた花火=2020年11月22日撮影

 相模原市の夏の風物詩として、例年8月第4週に相模川高田橋上流で開催されている相模原納涼花火大会(同実行委員会主催)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に引き続き中止となることが決まった。

 同大会は1951年、中央区水郷田名の地元消防団が地域復興を願って「田名煙火大会」として始めたのが起こり。現在では相模原市を代表する観光行事の一つとして、例年20万人を超える人出でにぎわっている。

 昨年は新型コロナ感染症の影響で通常開催は中止としたものの、代替の打ち上げ花火事業「相模原納涼花火大会2020さがみはら元気花火」を同実行委が企画。3密を回避するため会場を非公開とし、9月から11月にかけて、3回にわたって市内各所で花火を打ち上げた。

 同実行委の久野新一実行委員長は、「実行委員会としても苦渋の決断。花火を楽しみにしていただいていた皆様には申し訳なく思います。現在、実行委員会では代替事業案を検討しております。少しでも皆様に花火をお届けできるような方法を考えていきたい」と話している。

区内でも中止相次ぐ

 南区でも、夏から秋にかけて開催予定だった催しのほとんどが中止に。9月の「相模大野もんじぇ祭り」「相模原よさこいRANBU!」「東林間サマーわぁ!二バル」をはじめ、10月に開催予定だった「相模大野ハロウィンフェスティバル」「南区パフォーマンスステージ」等も中止が発表されている。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

巨人から4位指名

東海大相模石田隼都投手

巨人から4位指名 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

10月21日号

地域に貢献 「見える形」で

地域に貢献 「見える形」で 社会

上鶴間高が社協に寄付

10月21日号

自民立民 一騎打ちの様相

自民立民 一騎打ちの様相 政治

衆院選 神奈川14・16区

10月14日号

禅寺ライブ続け30年

常福寺(新戸)

禅寺ライブ続け30年 文化

「感じる力」培う

10月14日号

2度目の東日本大会へ

相模女子大学高等部吹奏楽部

2度目の東日本大会へ 文化

「先輩たちの思い」を力に

10月7日号

サッカー通じ共生社会を

ノジマステラ神奈川相模原

サッカー通じ共生社会を コミュニティスポーツ

新リーグの理念活動実践

10月7日号

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook