さがみはら南区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

ユニコムプラザさがみはら 「木彫の女性像」展示 女子美大生 増井さん制作

文化

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
展示された作品と増井萌さん
展示された作品と増井萌さん

 ユニコムプラザさがみはら(相模大野)の受付前にある展示場所に、女子美術大学大学院2年の増井萌さんが制作した木彫の女性像「objective room」が展示された。これまであった2・5メートルの展示物から約3年振りの変更となる。増井さんは「彫刻を見る機会は少ないと思うので、多くの方に見てほしい」と話している。(9月27日起稿)

一本の丸太で表現

 ユニコムプラザさがみはらの入口から見える作品展示場所には、これまでキリンのような幻想的な水棲生物が対をなしている「ゆめうつつ(小野寺彩さん作)」が展示してあった。

 新たに登場した増井さんの作品は、一本のクスノキをチェーンソーなどで削って作られており、試着室と女性が一体になっている。試着室のカーテンと女性のスカートがつながっており、流れるような曲線や女性の表情など大胆で繊細なアート作品となった。

 増井さんによると、作品に冠した「objective」(客観視)には、試着室が自分を他人事のように見られる部屋だとし、作品を客観視する鑑賞者も含めた作品との思いが込められている。また、「試着室と女の子のスカートが融合していて、後ろに回らないと見られない。彫刻は360度見られるのが醍醐味。色々な角度から楽しんでほしい」と話した。

コロナ下での作業

 制作期間は約6カ月。大学に通うことができなかった期間もあったが、大学から制作場所を提供してもらうと集中的に仕上げた。増井さんは「工房で作業ができるので、嬉しいという気持ちとわくわくしながら制作に打ち込めた」と振り返る。

 ユニコムプラザに展示されるようになったのは、今年3月に東京都美術館で開かれた女子美術大学学生選抜作品展「JOSHIBISION2020」で同作品を展示していたところ、その作品を見た人の推薦があり決まったという。増井さんは「6年間通っている相模大野に、自分の作品が展示されて嬉しい」と感想を話した。

※施設はあす再開予定

さがみはら南区版のトップニュース最新6

神奈川制し、全国へ

鶴の原ヤングノーブルズ

神奈川制し、全国へ スポーツ

ティーボール大会で

12月2日号

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

大型物流施設 市民に開放

大型物流施設 市民に開放 文化

「地域共生」に注力

11月25日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月18日号

男子が25年ぶり栄冠

東海大相模陸上競技部

男子が25年ぶり栄冠 スポーツ

県高校駅伝大会

11月18日号

住民楽しませる花道を

大野小3年生

住民楽しませる花道を コミュニティ教育

球根植え、来春に開花

11月11日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook