寒川版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

ターゲットは20・30歳代 寒川町の定住促進戦略

経済

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena

 寒川町は少子高齢化に対応した定住人口の増加を目指し、町のプロモーション戦略を定めた。これによると、ターゲットは20・30歳代のファミリー層に絞り、コンセプトに「くらし、やすい。寒川町」を掲げ、取り組みを展開していく。

 戦略の策定にあたっては、ターゲットを把握するための基礎調査を行い、近隣市へのアンケート実施などで、寒川町の魅力を多角的に浮かび上がらせた。

 メインターゲットは、スローな郊外居住を重視する子育て世帯や、近隣自治体との近接性を含めた、寒川町の利便性を評価してくれる子育て世帯。また、サブターゲットは将来的に寒川町で結婚し、ファミリーとして定着することが期待される単身者と定めた。

 左表は、寒川町が提供する暮らしの価値の概念図。寒川町は県央・湘南地域の真ん中に位置し、豊かな自然・田園環境を背景とした郊外性と日常生活に密着した生活サービスから、近隣自治体の都市的サービスを身近に享受でき、住宅をはじめとした生活コストが手頃なまち、としている。

 プロモーションコンセプトは「くらし、やすい。寒川町」。その説明は以下の通り。

 寒川町の魅力と言えば…なんといっても「暮らしやすい」ことです。

 静かで落ち着いた住環境、広々とした青空、窓からは富士山を独り占め。

 寒川町には、そんなのびのびとした子育てにもってこいの環境があります。

 それでいて、日常の買い物なども便利で、ちょっと足を伸ばせば、隣のまちで(360度)ショッピングを楽しめます。

 寒川町は、スローライフと利便性が共存した「暮らしやすい」まちなんです。

 そして、もう一つ忘れてはいけないのが、住宅コストがお得で、そのコストを生活のゆとりや豊かさへと、ライフスタイルを自由にデザインできます。

 だから寒川町は「くらし、やすい。」まちなんです。

寒川版のトップニュース最新6

福地さん全日本MVP

旭中3年生

福地さん全日本MVP スポーツ

エアロビクス選手権

5月14日号

来年春からごみ有料化

茅ヶ崎市も

来年春からごみ有料化 社会

5月14日号

海外からも依頼

寒川町在住Tomoさん

海外からも依頼 文化

5月2日のイベントで似顔絵も

4月30日号

倉見駅近くまで完成

自転車道

倉見駅近くまで完成 スポーツ

2025年度までに一之宮へ

4月30日号

5月8日(土)天才万博

気候非常事態宣言

寒川と茅ヶ崎

気候非常事態宣言 社会

風水害にも関連

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter