寒川版 掲載号:2018年9月7日号 エリアトップへ

紙おむつ用ごみ袋無償に 寒川町 県内で初めて

社会

掲載号:2018年9月7日号

  • LINE
  • hatena

 寒川町は、10月1日(月)から2歳未満の乳幼児がいる家庭に対し、紙おむつ用ごみ袋を無償配付する事業を始める。

 寒川町では昨年から『寒川eマーケティングリサーチ制度』を開始。従来の郵送によるアンケートでは若年層の回答率が低いことから、ネットでの調査を開始。その中で「おむつ用のごみ袋を無料で配付してもらえないか」という声がいくつかあり、子育て世代が安心して生活できるよう応援したいという想いから決まったという。

 配付するのは、町の可燃ごみ指定収集袋(大35リットル)。配付枚数は20枚単位で、上限は最大で240枚。配付方法は、出生届出時または転入届出時に子育て支援課へ申請後、乳幼児の月齢に応じた配付枚数の上限の範囲内で、受取者の都合に応じて一括または分割で配付する。町では毎月800人分を無償配付することを見込んでいる。

 神奈川県では、燃えるごみの収集に際して17の市町で有料の指定ごみ袋を用いているが、子育て世帯を対象とした「紙おむつ用ごみ袋」として指定ごみ袋を無償配付するのは、寒川町が初めてだという。

寒川版のトップニュース最新6

地域とつながるツールに

寒川東中学校

地域とつながるツールに 教育

学校だよりに手書きメッセージ

6月24日号

世界王者下し、田圓さんが優勝

BMX日本選手権

世界王者下し、田圓さんが優勝 スポーツ

準優勝は寒川東中の森谷さん

6月24日号

新婚さんの写真を表紙に

寒川町

新婚さんの写真を表紙に 社会

記念広報誌を贈呈

6月10日号

4回目接種 7月本格化

新型コロナワクチン

4回目接種 7月本格化 社会

60歳以上と基礎疾患ある人

6月10日号

手彫り朱印で魅力発信

手彫り朱印で魅力発信 文化

「寒川の思い出持ち帰って」

5月27日号

4万1千個の苗で天然芝へ

4万1千個の苗で天然芝へ スポーツ

川とふれあい公園内

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook