寒川版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

目久尻川にカミツキガメ アライグマ捕獲作業中に発見

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
甲羅の長さは15cmほどだった(渡辺さん撮影)
甲羅の長さは15cmほどだった(渡辺さん撮影)

 目久尻川などで環境保全活動を続ける渡辺充さん(座間市)から、特定外来生物・カミツキガメの捕獲情報が寄せられた。

 カミツキガメは成長すると甲羅が40cmほどになり、その名のとおり噛む力が強い。水草や昆虫、貝や魚などを食べ、外来生物法で飼育や輸入などが規制されている。近隣では藤沢の引地川大庭遊水地で繁殖した例や、相模川や多摩川でも見つかった事例がある。

 渡辺さんは寒川町に17年間暮らし、相模川や目久尻川で調査やアライグマ(外来生物)の捕獲、外来種の植物駆除を続けてきた。今回のカメは5月18日昼に目久尻川(一之宮付近)で活動していた際、水底にいたところを偶然発見した。尻尾の方から掴んで引き上げてみると、甲羅のサイズは15cmほど。激しく頭を振りパクンパクンと音を立てて口を開いていたという。捨てられたのかどうかは不明だが、カミツキガメは1回の産卵で数十個の卵を産む事もあり繁殖力は高い。渡辺さんは「早期に対策が必要」と指摘する。

 カメはその後茅ケ崎署を通じて町が引き取った。町環境課は「町内でのカミツキガメの捕獲は過去に例がないのでは。情報を収集し今後の対策を検討したい」と話している。

寒川版のトップニュース最新6

3チームの6年生一丸

3チームの6年生一丸 スポーツ

OBがユニフォーム寄贈

10月18日号

氾濫危険水位に迫る

相模川神川橋付近

氾濫危険水位に迫る 社会

台風到来の12日(土) 約2mから8mへ

10月18日号

夏休み後はぎっしり

夏休み後はぎっしり 社会

寒川駅の「てんとうむしポスト」

10月4日号

平間さん世界大会で栄冠

平間さん世界大会で栄冠 スポーツ

テコンドー寒川道場

10月4日号

寒川からJ1のピッチへ

寒川からJ1のピッチへ 社会

杉本大地選手(横浜F・マリノス)

9月20日号

焼却灰、秋田で埋立

焼却灰、秋田で埋立 社会

9・10月分から搬入

9月20日号

町長選、投票率26.75%

町長選、投票率26.75% 政治

3選の木村氏「町政を身近なものにしたい」

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク