寒川版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

平塚工科、鈴鹿でV2 寒川の部員も運転

スポーツ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
空気抵抗を抑えたフォルム
空気抵抗を抑えたフォルム

 平塚工科高校社会部が、8月2・3日に鈴鹿サーキット(三重県)で行われたソーラーカーレースのエンジョイクラスI(18歳以下)で優勝し2連覇した。寒川在住の部員2人も操作や整備で汗を流した。

 レースはソーラーパネルとモーター、バッテリーを搭載した車両で5・8Kmのコースを走行する。18歳以下のクラスに10チーム、社会人や企業などのクラスは8チームが出走した。

 予選は1周あたりのタイムを競い、第一ドライバーの石井凜さん(3年・寒川在住)が4位のタイムで好位置のスタートポジションを獲得。4時間の周回数で争う決勝レースでは、第1コーナーでトップに立ち独走状態に。勝つためにはバッテリーの消費を抑え、一定速度を保つドライビングが試される。平塚工科はレース終了残り4分で社会人チームに抜かれて総合2位に下がったが、18歳以下クラスでは同世代のライバルを抑え、トップでチェッカーを受けた。

 同部は過去総合優勝6連覇、クラス優勝9回を数える強豪。車両は2008年に制作され、最高時速は100Kmを超える。歴代のOBらが残した膨大なデータを元に改良を重ね、ペース配分やピットインのタイミングなどの作戦を練る。レース前に夜中まで機材調整にあたった中澤一晟さん(3年・寒川在住)は「総合優勝を逃して悔しいが、チームが一丸になれたのは大きな成果」と語った。

優勝を喜ぶ社会部メンバー
優勝を喜ぶ社会部メンバー

寒川版のトップニュース最新6

B1広島と契約

旭が丘中出身佐土原選手

B1広島と契約 スポーツ

関東大学リーグではMVP

1月21日号

八王子行が3月廃止

相模線

八王子行が3月廃止 文化

背景に横浜線利用増

1月21日号

町長インタビュー【2】

成人年齢引下げや健康づくりなど

町長インタビュー【2】 政治

1月7日号

「寒川に行ってみたい」

「寒川に行ってみたい」 文化

景時役の中村獅童さん

1月7日号

ふわふわドーム完成

3月完成 河童徳利ひろば

3月完成 河童徳利ひろば 文化

大曲橋横 民話コンセプトに

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook