さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月7日号

フクロウの巣で生態探る 社会

麻布大でワークショップ

「この骨はどこの骨?」と教授へ積極的に疑問点をぶつける参加者親子=2日、麻布大学いのちの博物館
「この骨はどこの骨?」と教授へ積極的に疑問点をぶつける参加者親子=2日、麻布大学いのちの博物館
 麻布大学が地域に開放する研究機関・麻布大学いのちの博物館で2日、フクロウの巣から生態系を探るワークショップが行われた。

 フクロウの巣は、同館と協力関係にある八ヶ岳自然クラブ(長野県)の提供によるもの。巣箱の中身には、フクロウが消化しきれず、吐き出したモノ(ペリット)が多く、今回は、同館・高槻成紀教授からフクロウの獲物であるネズミの骨の各部位の特徴を教わり、ペリットから骨を集め、森の食物連鎖を探った。「大の動物好き」で参加したという内田隼斗君(上溝南高1年)は、「ネズミの種類がわかったり、トカゲの尻尾など意外なものも見つかった。森の生活が想像できるのが楽しい」と話した。

 このイベントは今後、9月9日(土)に市立博物館、16日(土)に同館でも行われる。

関連記事powered by weblio


さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オカリナで癒しの時を

オカリナで癒しの時を

ランチタイムコンサート

10月18日~10月18日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/