さがみはら中央区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

「がんばっぺし、床屋物語」 サポセンで写真展

社会

130枚を超える写真が並ぶ同展
130枚を超える写真が並ぶ同展
 地域が抱える課題の解決を目的に様々な活動に取り組む市民団体らを支援する「さがみはら市民活動サポートセンター」では10月31日(火)まで、写真展「がんぱっぺし、床屋物語II」が開催されている。

 期間中は、大船渡市にある理容室「ニュー清水」の店主・清水康雄さんが東日本大震災からの復興の様子を収めた130枚を超える写真を展示。震災の発生前、発生直後の町の様子や、みなし仮設住宅、仮設住宅での生活、「ニュー清水」が仮設店舗での営業を経て、本設営業を開始するまでの道程などが被災地の人々の姿や表情とともに写し出され、どれも貴重な写真となっている。

 主催の大船渡市復興応援活動「有志」代表の笹本二郎さんは、「多くの方に見ていただければ」と話している。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク