さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

農地から考える温暖化7日 市内で講演会

文化

最新の成功事例などを報告する予定の馬上氏
最新の成功事例などを報告する予定の馬上氏
 農地を生かした太陽光発電などへの理解を深める講演会「農地の活用とソーラーシェアリング」が11月7日(火)、相模原市立環境情報センター(富士見)で行われる。主催はさがみはら地球温暖化対策協議会。時間は午後3時から5時。参加無料で、定員は先着80人。

 ソーラーシェアリングとは、農地で農業を継続しながら太陽光発電などを行う仕組み。近年、自然エネルギーを活用した地球温暖化を防止する方法の1つとして注目を集めている。

 当日登壇するのは大学発のベンチャー企業として日本各地で太陽光や小水力発電に取組み、普及活動などを行う千葉エコ・エネルギー(株)代表取締役の馬上丈司氏。「進化するソーラーシェアリング」と題して、最新の成功事例や研究成果などをもとに講演を行う。 

 ほかにも、相模原市環境政策課からは市が取り組む地球温暖化対策について、現状と課題などが報告される予定だ。詳細、問い合わせなどは同協議会【電話】042・753・9550へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク