藤沢版 掲載号:2015年11月27日号

(PR)

足の静脈瘤を日帰り治療

保険適用内で可能に

超音波検査の様子(上)と膝裏の症例写真
超音波検査の様子(上)と膝裏の症例写真
 足の血管が浮き出たり、血管がクモの巣状になるなどの症状が出る「下肢静脈瘤」。女性や職業柄立ち仕事をする人に多いとされているこの病気を専門に治療するのが、JR大船駅笠間口から歩いて1分のところにある「大船静脈瘤クリニック」だ。

 稲澤院長は「保険適用内で、痛み止めの薬がいらない人がほとんど。人目を気にしていた患者さんの『久しぶりにスカートを履いた』といった声を聞いた時がなにより嬉しい」と話す。

 これまでの治療には切開が必要で、「強い痛みが伴うというイメージがあり、諦めていたという声をよく聞く」と稲澤院長。しかし近年治療法が格段に進歩、レーザーによる治療は30分ほどで終わり、術後は歩いて帰ることができるという。

 稲澤院長は「静脈瘤そのものはすぐに命に関わる病気ではないが、放っておくと進行し症状が悪化するケースもある。超音波検査は数分で終わるので、少しでも気になる人は気軽に来院してほしい」と話している。

大船静脈瘤クリニック

鎌倉市大船1-26-33片岡ビル2階

TEL:0467-48-0006

http://ofuna.clinic-varix.com/

藤沢版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク