藤沢版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

定点写真で見る鵠沼の変遷 文化

郷土資料展示室で

前田さんによる4枚の定点観測写真を見ながら、鵠沼の街並みの変遷を語る来場者ら。天井には一面に半纏が展示されている。
前田さんによる4枚の定点観測写真を見ながら、鵠沼の街並みの変遷を語る来場者ら。天井には一面に半纏が展示されている。
 鵠沼郷土資料展示室(鵠沼市民センター内)で、企画展「写真に見る鵠沼南部の変遷」が開かれている。午前10時から午後4時(月曜休館)。2018年2月15日(木)まで。

 今回は、3テーマで展示。メーンは、湘南学園出身で鵠沼在住の建築家・前田忠厚さんによる「景観の定点観測」。大学院生だった前田さんが卒業制作のために撮影した1990年当時の鵠沼エリア737カ所の景観写真がベースとなっている。2006年、10年、16年に同じアングルで撮影し、街の移り変わりを4枚の写真で表現している。別荘地の名残がある緑豊かな庭園や邸宅が、宅地開発に伴い、駐車場になったり、土地が分割されて分譲戸建が立ち並ぶ様を、つぶさに観察することができる。

 第2展示は、「旧鵠沼書店店主の故・福地誠一さんの景観写真」。1931年ごろに撮影された鵠沼の風景をもとに、83年と2017年に同ポイントでカメラに収めた3枚の写真を通じて、83年の変遷をたどる。

 第3の展示は「半纏物語」。鵠沼の別荘地の区画は最低でも3300坪の広さがあり、植木屋や農家など、出入りする業者が数多くあった。都会での大店(おおだな)の風習を取り入れ、一目でどこの業者が分かるように着させたのが始まりで、その後、信頼や屋号を売り込むために日常的に使用されていた半纏が掲示されている。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社労士による無料相談会

社労士による無料相談会

雇用保険や年金問題など

10月20日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク