藤沢版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

その視野の狭まり、実は眼瞼下垂? 形成外科の治療も有効

 幼児から高齢者まで、幅広い年代に見られる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」。まぶたが常に垂れ下がることで、視界が狭まり、肩こりなどを引き起こすこともある。だが自覚症状がなく、見落としている人も多いという。

 眼科のほか形成外科も診療科目に持つ「ココネスクリニック」の坂口文希医師によると、保険適応内の眼科手術が一般的だが、形成外科の術式で眉毛付近からメスを入れることで、術後の跡を目立ちにくくすることも可能だという。また保険適応外であれば、皮膚を切らずに定期的な電磁波治療で皺を伸ばし、症状を抑えることもできるそうだ。

 「眼瞼下垂は遺伝による眼球周辺の脂肪の付き方に影響される。視野の狭まりから緑内障と勘違いされる方も多い。症状の度合いによって治療法が異なるため、視界に違和感を覚え始めた方は一度医師に相談してみては」と坂口医師。
 

ココネスクリニック

〒251-0055 藤沢市南藤沢22-3 藤沢OPA3階

TEL:0466-23-6660
FAX:0466-23-6661

https://coco-clinic.jp/

藤沢版のピックアップ(PR)最新6件

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

みぎた歯科医院は日・祝日も診療

歯周病の治療や小学生の歯列矯正など様々な治療が受診できます。

https://mdc-6476.jimdo.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

植物染めの編み物展

植物染めの編み物展

「夢工房」で22日まで

12月1日~12月22日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク