藤沢版 掲載号:2016年12月23日号

藤沢市

ふるさと納税 来夏導入へ 社会

返礼品は観光など「体験型」

返礼品として観光ツアーなどを想定している江の島
返礼品として観光ツアーなどを想定している江の島
 藤沢市は「ふるさと納税制度」を来年夏から導入する方針を明らかにした。市税収入の減少への対策として実施する。返礼品は特産品ではなく市内観光などの「体験型」を目玉にし、市内への観光客増加と藤沢の魅力発信にもつなげたいとしている。

 ふるさと納税とは、好きな自治体を自由に選び、寄付金を贈ることで住民税などの控除を受けられる上、返礼品としてその地域の特産品などが贈られる制度。市財政課によると、県内でふるさと納税を実施しているのは、12月1日現在、全33市町村のうち28の地域。都市に集中する税収を分散し、地域経済を活性化する目的で近年、導入する自治体が増加している。

 藤沢市が導入する背景には、寄付金控除の増大による税収の減少がある。人口増加が続く藤沢市内には他の市町村出身の住民も多く、現在、出身地の自治体に寄付して税の控除を受ける人が少なくない。同課によると、ふるさと納税の影響で税収とならなくなった金額は、2015年度で推計約2億8000万円に上る。市は「本来は市税収入になるはずの金額。小さな額とは思えない」と話す。

 対策として今年6月から10月にかけ、市は同課や観光課、農業水産課などの関係課によるワーキンググループを設置し、導入に向けた協議を重ねた。現在は寄付者への返礼品として、主に地域の特産品を提供する他の自治体とは一線を画し、「藤沢市に来たくなり、住みたくなるような観光や、収穫体験などの『体験型』」を検討。江の島観光ツアーや市内での果物の収穫体験などで藤沢の魅力を伝えるとともに、市内での消費拡大にもつなげようという考えだ。

 市は「現在、主にふるさと納税制度を利用している世代は30〜40代が中心。返礼品は特にその世代に喜ばれるものを用意したい」としている。今後は、来年3月末までに委託業者を選定し、4月にかけて市民に返礼品の案を募集する。7月から8月にインターネット上で寄付の受入を開始したいという。

 財政課によると、導入後の寄付金額の見込みについては、鎌倉が15年度約3200万円、茅ヶ崎が約1600万円だったことを受け、藤沢では約2500万円になると試算している。

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

日大藤沢が準優勝

高校サッカーインターハイ

日大藤沢が準優勝

8月18日号

大関さん名人位を奪取

犯罪阻止協力者に感謝券

藤沢暴力追放推進協議会

犯罪阻止協力者に感謝券

8月11日号

式典でオープン祝う

天神スポーツ広場野球場

式典でオープン祝う

8月11日号

サッカー少年 県代表走者に

藤沢リトル桂田海人君

サッカー少年 県代表走者に

8月4日号

国の有形文化財登録へ

旧石曽根商店店舗兼主屋

国の有形文化財登録へ

8月4日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

民舞やフラ73演目

民舞やフラ73演目

市民会館でチャリティー

8月26日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/