藤沢版 掲載号:2017年7月7日号

湘南はまぐりながらみ

辻堂に直売所がオープン 社会

水産業の振興に期待

水槽の前で「湘南はまぐり」を手にする葉山組合長
水槽の前で「湘南はまぐり」を手にする葉山組合長
 鵠沼から辻堂の海岸で育った「湘南はまぐり」と「湘南ながらみ」の直売所が7月8日(土)、辻堂東海岸にオープンする。地元住民が地場の貝を気軽に購入できるほか、観光客向けの土産販売も期待でき、地産地消や水産業の振興につながりそうだ。

 「湘南はまぐり」は、藤沢市漁業協同組合が2001年度から毎年稚貝を放流し、生育しているもの。今年その品質が評価され、県が認定する「かながわブランド」、全国漁業協同組合連合会が選定する「プライドフィッシュ」に選ばれた。身は肉厚で7cm以上の大きなサイズが特徴だという。「湘南ながらみ」は巻貝の一種で、縄文時代からこの地で食されていたといわれる珍味。4月に「ふじさわ特産品」に認められた。

 これまでも漁獲、販売を行っていたが、天候による不漁や、夏場の保存がきかないなど、安定した販売供給につながっていなかった。

そこで今回、直売所には、バクテリアで水質を濾過する装置と水温を13から15℃に管理できる生け簀を導入。これにより鮮度を10日ほど保つことができ、新鮮なハマグリの販売が1年を通して可能になる。ナガラミは、生け簀でも保存が難しいため、採りたてを塩茹でして販売するという。

 同組合の葉山一郎組合長は「この辺りは良質な砂地と餌が豊富で、おいしいハマグリが育つ。ナガラミにとっても良い環境。たくさんの人に味わってほしい」と期待を寄せた。

 直売所は国道134号線の浜見山交番前交差点近く。8日は午前9時30分から販売開始。その後は毎週火・木・土・日曜日の10時から午後3時。県内の海産物や地元野菜なども販売する。

 問い合わせは同組合【電話】0466・36・8220へ。

関連記事powered by weblio


藤沢版のトップニュース最新6件

過去2番目に最少 153万人

市内海水浴客数

過去2番目に最少 153万人

9月15日号

「蚊の撲滅隊(モスキート・バスターズ)」が大成果

小児医療費 中3まで拡充

お経読むロボット開発

(株)ニッセイエコ

お経読むロボット開発

9月8日号

セブン&アイ3社と協定

藤沢市

セブン&アイ3社と協定

9月1日号

日越合弁で新製品を開発

イージーディフェンス社

日越合弁で新製品を開発

9月1日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/