さがみはら中央区版 掲載号:2016年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

ゴール遠く、今季初の連敗 SC相模原 7位後退

スポーツ

相手選手とボールを奪い合う菊岡拓朗選手
相手選手とボールを奪い合う菊岡拓朗選手
 地元サッカークラブ・SC相模原は19日、相模原ギオンスタジアムでJ3リーグ第13節・カターレ富山戦に臨み、0対1で敗れた。今季序盤から好調を維持し、一時は首位に立ったSCだが、今季初の連敗となり、順位を7位に下げた。

 試合では昨季3戦負けなしと相性の良い相手に、MF岩渕良太選手が中心となり序盤から押し込むが、相手GKの好守に阻まれ得点することができない。前半41分には相手のコーナーキックから失点を許し、1点ビハインドで試合を折り返す。

 後半も相手陣地で試合を進め決定機を作るが、最後までゴールが遠く得点を奪えないまま敗戦を喫した。試合を終えた薩川了洋監督は「上位争いをする上で負けてはいけない試合だった。ただ、内容的には前節より良かったので、次節に向けていい準備をしていきたい」と、前を向いた。

 次節はアウェーでAC長野パルセイロと対戦する。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク