さがみはら中央区版

ローカルニュースの記事一覧

  • 児童ら、英語で熱弁

    児童ら、英語で熱弁 教育

    LCAでスピーチ大会

     LCA国際小学校(緑区/山口紀生学園長)でこのほど、毎年恒例のスピーチコンテストが開催され、児童らは英語で熱弁を振るった。 同校は「国...(続きを読む)

  • 3選手がメダル獲得

    3選手がメダル獲得 スポーツ

    キッズレスリング

     キッズレスリングチーム「ファイヤーボーイズ」(山内仁代表)=千代田=の選手が躍進している。2月の全国少年少女選抜レスリング選手権では、藤森玲次君(星が丘小5年...(続きを読む)

  • 相模川の研究成果発表

    相模川の研究成果発表 教育

    田名小児童が1年間調査

     田名小学校3年の児童らはこのほど、相模川ふれあい科学館(水郷田名)で、相模川に関する研究発表会を行った。 発表会に向け、児童らは各グル...(続きを読む)

  • ノジマ、めざすは日本一

    ノジマ、めざすは日本一 スポーツ

    なでしこリーグ開幕

     女子サッカー・なでしこリーグ1部が21日(木・祝)に開幕する。地元チーム、ノジマステラ神奈川相模原はホームの相模原ギオンスタジアムにマイナビベガルタ仙台レディ...(続きを読む)

  • 睡眠の大切さ学ぶ

    睡眠の大切さ学ぶ 経済

    町田・相模原経済同友会

     町田・相模原の経済をリードする町田・相模原経済同友会(祇園義久会長)の第104回例会が14日、ホテルラポール千寿閣で行われた。 毎回、...(続きを読む)

  • SDGs表彰を市に報告

    SDGs表彰を市に報告 社会

    食品ロス活用の区内企業

     食品廃棄物の有効活用に取り組む日本フードエコロジーセンター(田名塩田)がこのほど、外務省が主催する第2回ジャパンSDGsアワードで最高賞にあたるSDGs推進本...(続きを読む)

  • 市のPRを襷リレー

    市のPRを襷リレー 社会

    観光親善大使が決定

     4月1日から1年間、相模原の魅力を市内外に発信していく相模原市観光親善大使がこのほど決定し、6日に市役所で委嘱式が行われた。 同事業運...(続きを読む)

  • 「1人で抱え込まないで」

    「1人で抱え込まないで」 社会

    自殺対策 電話相談に対応

     3月は自殺対策強化月間。相模原市では、自殺予防や心の健康相談の専門ダイヤルを設置し、対策に取り組んでいる。 1年間の自殺者数は全国的に...(続きを読む)

  • 野元氏、出馬を断念

    市長選

    野元氏、出馬を断念 政治

    「野党共闘」協議の不調受け

     任期満了に伴う4月7日投開票の相模原市長選挙に立候補を表明していた市民政治団体「市民連合さがみはら」共同代表の野元弘幸氏(57)が16日、出馬を断念する意向を...(続きを読む)

  • 「吉川氏の功績知って」

    「吉川氏の功績知って」 文化

    日本画集を寄贈

     印刷事業のハシモトコーポレーション(橋本欽至代表)=宮下=は14日、日本画家の吉川啓示氏の画集を神奈川県教育委員会に寄贈した。 吉川氏...(続きを読む)

  • 終盤2発で初勝利逃す

    終盤2発で初勝利逃す スポーツ

    大石は今季チーム初得点

     SC相模原は17日、アウェーでJ3リーグ第2節ザスパクサツ群馬戦に挑み1対2で敗れた。 ホームで迎えた開幕戦を引分け、今季初勝利をめざ...(続きを読む)

  • 「残照」を表現

    「残照」を表現 文化

    西川洋一郎さんの企画展

     ギャラリー誠文堂で30日(土)まで、版画家の西川洋一郎さんの企画展が開催されている。日祝休廊。  水面の煌めきや揺らぎ...(続きを読む)

  • 震災の「記憶」を「記録」に残す

    震災の「記憶」を「記録」に残す 社会

     市民発の災害ドローン救援隊として活動する「NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン」。マッパーとは「地図を作ることができる人」を意味し、同法人では災...(続きを読む)

  • 元外交官が語る世界史

    元外交官が語る世界史 教育

    29日、恒例セミナー

     国際政治学や動物学、医学の専門家らが講演を行う「第4回KKCセミナー」がかぬまだいけやきクリニック(鹿沼台2の18の6)で開催されている。参加者募集中。...(続きを読む)

  • 恒例の体力測定会に200人

    恒例の体力測定会に200人 スポーツ

    「励みになる」 健康に関心

     市立総合体育館と北里大学介護予防チームとの共同事業による体力測定会が2月26日と27日、同館で開催された。 介護予防の観点から、65歳...(続きを読む)

  • 国際女性デーにPR活動

    SI相模

    国際女性デーにPR活動 社会

    SI相模

     女性と女児の生活向上を目指して活動している奉仕団体「国際ソロプチミスト相模」(SI相模・永保恵子会長)が、3月8日の「国際女性デー」に合わせて相模大野駅で広報...(続きを読む)

  • 由紀さおりさんインタビュー

    由紀さおりさんインタビュー 文化

    4月に相模原で特別公演

     大ヒット曲『夜明けのスキャット』などで人気を博し、歌謡曲、童謡唱歌、ジャズはもとより、俳優としても活躍する由紀さおりさんの芸能生活50年を記念した特別公演が4...(続きを読む)

  • 支援活動を未来に生かす

    支援活動を未来に生かす 社会

     震災直後の2011年6月、復興支援への参加を望む相模女子大生の有志約40人が市の協力のもと大船渡市に赴き、炊き出しを行った。これを契機に活動を重ね、大船渡の住...(続きを読む)

  • 新生SC、開幕戦はドロー

    新生SC、開幕戦はドロー スポーツ

    富山の堅守崩せず

     地元サッカークラブSC相模原は10日、ホームの相模原ギオンスタジアムでJ3リーグ開幕戦を迎え、カターレ富山と0対0で引き分けた。 3年...(続きを読む)

  • 東北食材通じ当時思う

    東北食材通じ当時思う 教育

    中学で被災地支援給食

     東日本大震災から8年になるのを前に8日、市内中学校27校で、東北の食材を使用した「復興支援!がんばれ東北給食」が提供された。 本市と同...(続きを読む)

  • 市長選へ5候補者が激論

    市長選へ5候補者が激論 社会

    相模原JC主催で討論会

     任期満了に伴う相模原市長選の投開票を4月に控え(公社)相模原青年会議所(相模原JC/宇田川隼理事長)は8日、市立産業会館で立候補予定者を招いての公開討論会を行...(続きを読む)

  • 「季節を楽しんで」

    横山在住田上さん

    「季節を楽しんで」 社会

    相模原駅で生け花ボラ

     JR相模原駅構内の駅員室の隣に、季節の花々が生けられている。生け花を手掛けているのは、元生け花教室講師の田上達子さん(70)=横山在住。田上さんがボランティア...(続きを読む)

  • ハツラツ演技に笑顔満開

    ハツラツ演技に笑顔満開 教育

    中央幼稚園で学園発表

     光が丘に園舎を構える中央幼稚園(大貫照親理事長)で3日、園児の家族などを招いた学園発表会が行われた。 年に一度、日頃の園生活で培った表...(続きを読む)

  • 創業50周年「皆様のおかげ」

    創業50周年「皆様のおかげ」 社会

    ア・ドマニー 新春のつどい

      仕出し、料理店のア・ドマニー(志村英昭社長・相模原)が主催する新春の集いが、6日に開催された。 関係者ら大勢が詰めかける中、志村社長...(続きを読む)

  • もめないための遺言学ぶ

    もめないための遺言学ぶ 教育

    20日 自筆の変更点も解説

     遺言書について学べる「知ってあんしん遺言教室」が3月20日(水)、杜のホールはしもと(緑区/ミウィ橋本8階)で開催される。午後1時30分から3時。かみやま行政...(続きを読む)

  • 手作り小物ズラり

    手作り小物ズラり 文化

    恒例即売会 3月25日

     手作り品愛好家の主婦による「オリーブの会」主催の手作り小物展示即売会が3月25日(月)、けやき体育館(富士見6の6の23)で開催される。午前10時から午後3時...(続きを読む)

  • 写真で追い続けた7年半

    写真で追い続けた7年半 社会

     「目の前の光景を、現実を、忠実に写し取り記憶に留める。それが写真の持つ力」。客観性よりも自分自身のまなざしで対象と向き合い、写真を通して移りゆく時代と社会を表...(続きを読む)

  • 受け継ぐ、相模原の魂

    受け継ぐ、相模原の魂 スポーツ

     チーム唯一の市内出身選手としてSC相模原で9年間を過ごし、昨季限りでの現役引退を発表した工藤祐生元選手(32)。工藤さんと入れ替わるように、チームには地元・上...(続きを読む)

  • 市民検討会が発足

    鹿沼公園などの再整備

    市民検討会が発足 社会

     淵野辺駅南口周辺の再整備について、課題解決に向けて市民や有識者らで議論し合うための市民検討会が2日発足し、市立図書館で初会合が開催された。...(続きを読む)

  • 大船渡の活性 ラジオで担う

    大船渡の活性 ラジオで担う 社会

     震災直後の3月31日に開局した臨時災害放送局を前身とする、岩手県大船渡市のコミュニティ放送局「FMねまらいん」。局名「ねまらいん」には気仙地方の方言で「ねまる...(続きを読む)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク