さがみはら中央区版 掲載号:2018年5月3日号
  • LINE
  • hatena

氷川神社に鯉のぼり 約40匹に参拝者笑顔

社会

大小様々な鯉のぼりが思い思いに泳ぐ社内
大小様々な鯉のぼりが思い思いに泳ぐ社内
 氷川神社(清新)の鯉のぼりが今、参拝者らの目を楽しませている。

 同社で鯉のぼりを掲揚するようになったのは15年前。当時、鯉のぼりを飾る家庭が少なくなってきたことから、参拝者に楽しんでもらおうと大きな鯉のぼりを揚げていた。その後も大きい一匹の鯉のぼりは揚げていたものの、その頃から古くなった鯉のぼりを納めに来る人たちが増加。数年して数がまとまったため、3年前から大小様々な色とりどりの鯉のぼりを掲げるようになった。

 同社では「今も昔も変わらない、親が子どもを想う気持ちが詰まっています。ぜひ多くの方々にご参拝頂き、日本古来の習慣を参拝者の皆様に感じてもらえれば」と話している。今回の実施期間は5月6日(日)までで、約40匹が掲揚される。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク