さがみはら中央区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

県、全国で好成績 県相英語ディベート部

教育

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
県大会のトロフィーや賞状を手に笑顔の新藤さん、塩野入さん、笹森さん(左から)
県大会のトロフィーや賞状を手に笑顔の新藤さん、塩野入さん、笹森さん(左から)

 昨年行われた「PDA高校生即興型英語ディベート大会」で、県立相模原高校の英語ディベート部2年の笹森双葉さん、塩野入希実さん、新藤花絵さんが全国で16位、県大会では1位を意味するチーム賞を獲得する好成績を収めた。

 同大会のディベートは3対3に分かれて行うチーム戦。社会、政治、国際問題など多岐にわたる論題に対し、肯定と否定チームに分かれ、各々が第三者を説得させる議論を英語で展開し、その内容や表現などによって勝敗が決まる。

 11月に行われた県大会では「カジノは日本に害より利益を与える」の論題が出され、3人は否定派として議論。文化保護や治安悪化の面から否定の根拠を重ねていき勝利を収めた。その後の論題でも3人の得意分野を生かし、全勝して1位となるチーム賞を獲得した。その他にも、試合の中で優れた討論を行ったベストディベータ賞に塩野入さんと新藤さん、その中でも優秀だった生徒に与えられる「エキシビションディベータ賞」、相手の討議に有効な異議を唱えた「POI賞」に塩野入さんが輝いた。塩野入さんは「チーム賞が決まった瞬間が人生で一番嬉しかった」と笑顔を見せる。

 12月に東京大学で行われた全国大会では4戦中3勝を挙げるも16位。3人は「練習が足りなかった」と悔しさをにじませる。顧問の林弘一先生は、「今回の大会では3人のレベルが非常に高いと実感した」と称えた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

県主催表彰に市内4団体

県主催表彰に市内4団体 社会

エコ活動の推進を評価

4月2日号

スポーツ界にも影響

スポーツ界にも影響 スポーツ

リーグ戦中止や延期に

4月2日号

休止期間13日まで延長

無錫(むしゃく)市から医療物資支援

無錫(むしゃく)市から医療物資支援 社会

マスク2万枚に防護服

4月2日号

木もれびの森マップ完成

木もれびの森マップ完成 社会

NPOと女子美が連携

4月2日号

風っ子砦がリニューアル

風っ子砦がリニューアル 社会

淵野辺公園樹林広場

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク