さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

(PR)

「当たり前の取り組み」が今、活きる "毎日伝わる"という安心感

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
取材に答えた池永施設長
取材に答えた池永施設長

 市内最大規模の社会福祉法人・相模福祉村(赤間源太郎理事長)。運営施設の一つ、特別養護老人ホーム「縁JOY(えんじょい)」(田名)では、コロナ禍以前から日常的に実践してきた取り組みがある。今、それが大きな効果を発揮しているという。

ネットで生活わかる

 一つは、「ケア記録の閲覧」。これは、利用者の一日の記録をスタッフが入力して同法人のホームページに公開するものだが、その記載が細かい。就寝や食事、日中の生活からスタッフとの会話の内容まで、些細なことも記される。家族はコメントを記入でき、利用者の好みや性格などちょっとした情報を書き込むことで、スタッフがそれをケアに生かすこともできる。閲覧はパスワードを知る人に限られる。「10年前から取り組んでいるのでスタッフにとっては当たり前のことですが、コロナ禍で面会が難しい中でも、『日々の暮らしがわかる』と、ご家族にはとても喜んでいただいています」と池永ひとみ施設長は話す。

年2回の報告書

 もう一つが5年前から取り組んでいる写真付きの報告書。これは、半年間で実施した行事などの様子を写真と文章で記して年2回家族に郵送するもの。つまり同施設では、ネットの即時性と紙の保存性をうまく使い分けることで、利用者の様子が家族により伝わるように工夫しているのだ。

 池永施設長は、「利用者さんをお預かりしている以上は、ご家族に施設での様子をお伝えしたい。いまだにさまざまな行事が制限されていますが、できないというのは簡単なこと。できない中でよりよい介護を考えることが重要」と話す。
 

ケア記録の閲覧のページ
ケア記録の閲覧のページ

社会福祉法人相模福祉村

縁JOY(相模原市中央区田名7691番地1)

TEL:042-764-1110

http://fukushimura.or.jp/

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

祝100歳 自適の日々支え

特別養護老人ホーム・大野北誠心園

祝100歳 自適の日々支え

安らぐ環境づくりに注力 個々に合わせ柔軟に

9月23日号

スマホ購入でプレゼント進呈

ドコモショップ

スマホ購入でプレゼント進呈

相模原市内のショップ対象、さらに来店特典も

9月23日号

家?施設?高齢者住宅へ

家賃4万6000円〜”全国初の方式”新築開設 オープン11/1原宿南

家?施設?高齢者住宅へ

日中は管理人、夜間センサー作動

9月23日号

いざという時の備えに

オリジナル防災グッズ作りませんか

いざという時の備えに

自治会・学校などで使用

9月23日号

商品券、96%で買い取り

商品券、96%で買い取り

地域最高値 JCB、VJAなど

9月23日号

”いきいき”を支える人がここにいる

通所介護施設「健康増進倶楽部縁JOY」

”いきいき”を支える人がここにいる

専属の機能訓練士がリハビリ指導

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook