さがみはら中央区版 掲載号:2017年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の2017年度の理事長に就任した 義見 亮太さん 南区北里在住 39歳

街の課題を「自分事」に

 ○…今年度のスローガンには「巻き起こす!『相模原TREND』〜すべての変革の源流は我にあり〜」を掲げた。単年度制をとっているため、長期的な視点に立っての活動が課題だったが、「継続的な活動となるような流れを作りたい」と意欲を示す。具体的には子どもたちへの地域教育、地域経済の活性、人材育成を事業の柱に据えた。組織の長として一過性で終わらない事業展開を模索する。

 ○…大学までは野球一筋。高校時代には甲子園にも出場した。大学卒業後は、実家の総合建設会社「株式会社 正建」を継ぐことを見据え、別の建設会社で経験を積む。その後、地元経済人との交流を図るため29歳でJCに加入し、3年後には全国のJCを統括する「日本JC」に出向。志高い同志から大いに刺激を受けた。そこで見たのは厳しい経済状況の中でも知恵を絞り、地域の為に必死に活動する人々の姿。「今後、相模原にはリニアが開通するなどハード面は本当に恵まれている」と実感。人口が減少する中、選ばれる地域になるためには「ソフト面」の強化が急務だと確信し、事業計画に反映させた。

 ○…会社では社長として、JCでは理事長として、組織を引っ張るタフガイだが、家に帰れば2人の息子のパパ。平日はどんなに忙しくても保育園への送迎をこなし、たまの休日に家族で過ごすのが癒しだ。「人に優しくできる強い男になってほしい」と願い、わが子の成長を見守っている。

 ○…相模原JCは近年の活発な活動に比例するように、飛躍的に会員数を伸ばしている。その反面、活動の意義などをいかに伝えていくのかが、大きな課題。「まずは街の課題を自分事として捉えることが重要。そして顔と顔を合わせて話をする機会を増やし、メンバーが自ら地域の問題に挑んでいけるよう精進していきます」と笑顔で話す。信頼できる同志を増やし、変革の時を迎える相模原の活性化に拍車をかける。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

真壁 伸吾さん

北里大学医学部にオーケストラを創設し、市内で第一回定期演奏会を開催する

真壁 伸吾さん

12月14日号

小野 王海(たかみ)さん

第5回「いのちの授業」大賞で県知事賞を受賞した

小野 王海(たかみ)さん

12月7日号

三塚 康雄 さん

公益財団法人相模原市体育協会の会長にこのほど就任した

三塚 康雄 さん

11月30日号

八木 繁雄さん

今年、設立20周年を迎えた公益社団法人相模原市防災協会の理事長を務める

八木 繁雄さん

11月23日号

井出 樹里さん

アメリカで開催されたトライアスロンのワールドカップ・サラソタ大会で優勝した

井出 樹里さん

11月16日号

小林 俊彦さん

相模原消防署に勤務し、第46回神奈川県安全運転競技大会で最優秀賞を受賞した

小林 俊彦さん

11月9日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク