伊勢原版 掲載号:2011年10月21日号

フルーツの里いせはら

柿が食べごろ

収穫量県内ナンバーワン 今年も豊作

柿が収穫シーズンを迎える
柿が収穫シーズンを迎える

 神奈川県内一の収穫量を誇る、伊勢原の特産品のひとつ『柿』。今年も収穫シーズンが始まり、市内各所の栽培農家直売所やJAいせはら直売所には、赤く実った柿が並ぶ姿がみられる。今年の柿は12月上旬まで楽しめる。

 伊勢原市内に柿栽培農家は120戸以上。年間収穫量は496トンで県内収穫量の約2割(平成22年・農林水産省ホームページより)。伊勢原の柿は「かながわブランド」にも指定され、富有柿を中心に、梨のような食感と甘さが特徴の太秋柿など数種類が栽培される。

 JAいせはら果樹部会委員長の和田裕一さん、カキ部長の安達明弘さんは「今年も種類豊富で美味しい柿ができました」と話す。心配された台風の影響も無く、6月に晴天が続いたことも好材料だったという。

 今月14日には、市内の立毛共進会審査も行われ、出点14点のうち上位4点が県審査に出品される。上位入賞者は以下(敬称略)。志村壽明(田中)、細野真哉(上粕屋)、吉川裕樹(田中)、今井潔(三ノ宮)。

もぎとり

 JAいせはら果樹部会では、11月5日(土)から田中地区の5園で「柿のもぎとり」を実施する。もぎとり期間は11月末まで(天候により前後あり)。もぎとり価格は1kg500円。園により受け入れ日が異なるので事前に問い合わせを。

 問い合わせはJAいせはら/【電話】0463(93)8115・営農経済部まで。
 

伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原消防発足50年

2年ぶり芸術花火

2年ぶり芸術花火

1月20日号

「平穏で順調な年」

校歌板を寄贈

伊勢原高校同窓会

校歌板を寄贈

1月13日号

東京で初陣飾る

伊勢原手作り甲冑隊

東京で初陣飾る

1月6日号

1137人が門出

伊勢原市成人式

1137人が門出

1月6日号

関連記事(ベータ版)

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

18日にイルミ点灯式

ダイカン(株)でイルミネーション

18日にイルミ点灯式

11月18日~12月25日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク