伊勢原版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

市民広報カメラマン写真展市民目線のふるさと市役所で24日まで展示

スポーツ

胸の腕章が市民広報カメラマンの証
胸の腕章が市民広報カメラマンの証

 伊勢原市役所1階ロビーで3月24日(金)まで、市民広報カメラマンによる「ふるさと伊勢原写真展」が開催されている。展示される作品は3人の市民カメラマンがこの1年間に撮影した力作24点。これまでに延べ45人が市民カメラマンとして参加している。

 市民に親しまれる広報紙づくりの一環として、2003年に市が市民参加を求める形として始まった市民広報カメラマン制度。

 現在の市民カメラマンは4人。設置から14年が経過し、これまでに延べ45人が市民広報カメラマンとして活動している。市からの撮影依頼は各々に月2〜3回ほど。市内のさまざまなイベントに足を運んで撮影された写真は、市の広報紙やホームページ等に利用されている。市広報広聴課では「フットワークも軽く、市民目線で撮影してくれ、助かっています」と話す。展示では3人の市民カメラマンによるお気に入り作品を見ることができる。

 今月12日に行われた大山登山マラソン大会にも市民カメラマンの姿があった。市民カメラマン歴6年となる福岡博さんは風景写真などを撮影するアマチュア写真家。「今までに撮影したことのないものを要求されることもあり、読者をより考えるようになった。楽しいことも多い」と話す。

 市民カメラマンの任期は1期2年。再任もあり、一般公募等で選任される。
 

市役所1階ロビーに展示される写真
市役所1階ロビーに展示される写真

伊勢原版のトップニュース最新6件

3年ぶりに『春高』へ

伊勢原高校女子バレー

3年ぶりに『春高』へ

11月17日号

紅葉狩りにゴジラも一役

大山で歩行支援ロボ実験

「いせはら地ミルク」誕生

切手になった作品も公開

秋の祭典、今年も

市民文化祭

秋の祭典、今年も

10月27日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

18日にイルミ点灯式

ダイカン(株)でイルミネーション

18日にイルミ点灯式

11月18日~12月25日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク