伊勢原版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

市シルバー人材センター 設立20周年を祝う 高齢者の生きがいづくりへ

社会

多くの会員を前にあいさつする宮川理事長
多くの会員を前にあいさつする宮川理事長
 (公社)伊勢原市シルバー人材センター(宮川進理事長)の設立20周年式典が11月26日、伊勢原シティプラザで開催された。高齢者の社会参加の担い手として注目されるなか、更なる発展と地域社会への貢献を誓った。

 市シルバー人材センターは、働くことによる生きがいづくりと地域社会貢献を目的として1997年10月1日に県内27番目のセンターとして設立。企業・公共団体・家庭からの依頼と、会員の希望職種をマッチングしてサービスを提供する。

 市内60歳以上の約2・93%にあたる833人が会員として登録。仕事で最も多いのが運搬・清掃・梱包等の作業で、件数は年間1284件(昨年度)。また全国平均に比べてサービス職種(施設等の管理や家事手伝い等)が多いのも特徴だ。

 センターでは昨年度に第2次中期基本計画(5カ年)を策定。会員数1000人・就業率80%・契約高3億1千5百万円を目標に掲げている。山口譲事務局長は「高齢化が進むなか、発注者の期待に応えられる仕事をしていきたい」と話した。

 記念式典には、高山松太郎市長、渡辺紀之県議会議員、相馬欣行市議会副議長ら多くの来賓が出席。センターの正会員をはじめ130人以上が訪れた。

 第一部の冒頭、宮川理事長は「20周年の節目を迎え、より多くの方々のお役に立ち、地域活性化に寄与できるよう、会員一丸となって活動を展開していきたい」とあいさつ。また15年以上毎年同センターに仕事を発注している16社に感謝状が贈られた。

 二部の記念講演では、危機管理士の豊島輝慶氏を招いた防災講演をはじめ、市内出身の落語家・金原亭馬玉氏による落語「井戸の茶碗」も披露された。

伊勢原版のトップニュース最新6件

来年の開催を決定

いせはら芸術花火

来年の開催を決定

12月8日号

県テニス大会でV

桜台小鈴木琴音さん

県テニス大会でV

12月8日号

新酒の出荷始まる

吉川醸造

新酒の出荷始まる

12月1日号

六位舞が10年ぶりに復活

優良産業人に3事業者

紅葉狩りにゴジラも一役

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中学生の人権ポスター展

中学生の人権ポスター展

12月1日から14日

12月1日~12月14日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク