茅ヶ崎版 掲載号:2016年9月2日号

茅ヶ崎市立病院

医療事故を謝罪 社会

患者腹部に器具置き忘れ

事故について説明する仙賀病院長
事故について説明する仙賀病院長
 茅ヶ崎市立病院(仙賀裕病院長)は8月26日、8月4日に卵巣などの摘出手術を受けた市内在住の70代女性の腹部に、手術で使用した器具を置き忘れる医療ミスがあったと発表した。

 器具は手術中に腸を傷つけないように押さえる「腸圧定ヘラ」。ステンレス製で幅約4センチ、長さ約30センチ、厚さは約3ミリある。手術から3週間ほど後、腹痛を訴えて再来院した患者をレントゲン撮影したところ器具の置き忘れが判明した。即日の開腹手術で腸閉塞(へいそく)を併発していることもわかり、壊死しかかった小腸の一部と器具を摘出した。患者は入院治療中で術後は良好という。9月中に退院できる見込み。

 仙賀病院長は「患者と家族に精神的、身体的負担をかけたことをお詫びします。二度とこのようなことが起きないよう確認作業を徹底し、再発防止と信頼回復に努めたい」と陳謝した。

関連記事powered by weblio


平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

ラスカ茅ヶ崎夏祭り!

7月22日(土)・23日(日)盆踊り、縁日など盛りだくさん

http://www.lusca.co.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/