茅ヶ崎版 掲載号:2017年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

茅ヶ崎YEG主催

倉本選手が地元愛語る

スポーツ

村瀬さん、ジョージさんと登壇

ジョージ・カックルさん、倉本選手、村瀬さん(左から)
ジョージ・カックルさん、倉本選手、村瀬さん(左から)
 横浜DeNAベイスターズの倉本寿彦選手=萩園中学校出身=が、茅ヶ崎で地元への思いを語った―。

 茅ヶ崎商工会議所青年部(茅ヶ崎YEG・若菜嘉樹会長)主催の催し「第3回茅ヶ崎カルチャー大学『ひかり輝く茅ヶ崎の星(スター)』」が1月10日に茅ヶ崎市役所で行われた。講師として倉本選手のほか茅ケ崎西浜高校出身でベイスターズの球団史を題材にした書籍を執筆しているライター・村瀬秀信さんが登壇。MCは横浜スタジアムDJのジョージ・カックルさんが務めた。

 開演前には若菜会長が「地元から活躍している方の話を聞いて茅ヶ崎の魅力を感じて頂けたら」と挨拶。倉本選手の第1打席登場曲「波乗りジョニー」をBGMに3人が姿を現すと、会場に詰めかけた約200人から拍手が沸き起こった。幅広い世代が集い背番号5のユニフォームを着用したファンの姿も見られた。

 トークショーで倉本選手は「萩園中時代に運動会の後、友人とビッグウェーブでボウリングをしてバイキングハローで食事したのを良く覚えている」とかつて市内にあった店について、地元出身の村瀬さんとともにエピソードを披露。茅ヶ崎トークに華を咲かせ、野球漬けだった少年時代を「寒川シニアの時、自転車で日々練習場まで通ったのが懐かしい」と振り返った。

 一般受験で横浜高校に進学し、大学、社会人を経てプロ入りした倉本選手は「25歳までは野球をやりぬく」と決意していたことを明かし「それでも諦めそうな時はあった。親が『自分が決めたことだからやりなさい』と強く言ってくれたことで今の自分がある」と話した。昨季は正遊撃手として141試合に出場した倉本選手。その秘訣を「試合後、夜外食せずとにかく良く眠ること」と話すと会場から笑いも起こり、終始和やかなムードで進んだ。

バースデーサプライズも

 サインボールの抽選会も行われ、最後には1月7日に26歳の誕生日を迎えた倉本選手へ特製のケーキが贈られるサプライズも。一昨年DeNAの打撃投手として倉本選手をサポートした古村徹さん=茅ケ崎西浜高校出身=が登場し花束を手渡した。自身初のトークショー出演だったという倉本選手は「地元やファンに感謝を伝える機会があればと思っていたところに話を頂いたので引き受けた。来季もグラウンドに立ち続けて勝ちに貢献し、また茅ヶ崎に来たい」と笑顔を見せた。

倉本選手(右)へのバースデーサプライズに古村さん(左)が登場した
倉本選手(右)へのバースデーサプライズに古村さん(左)が登場した

関連記事powered by weblio


ラスカ茅ヶ崎のハロウィン

「トリック オア トリート」でハロウィンお菓子プレゼント!

http://www.lusca.co.jp

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

繊細な切り絵の世界

繊細な切り絵の世界

個展「Presto」

10月1日~10月31日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク