茅ヶ崎版 掲載号:2017年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

「大きく育て」と願い込め 教育

小出小でひょうたん定植

児童が丁寧に苗を植えた
児童が丁寧に苗を植えた
 小出小学校(野木直樹校長)の3年生が、5月15日に校内の畑にひょうたんの苗を植えた。これは、湘南ひょうたん会(久保利夫会長)指導のもと毎年行っている特別授業。2004年から実施しており、今年で13回目となった。

 毎年この時期に苗を植えて秋に収穫し、水抜き、乾燥などの工程を経て、最後はひょうたんに様々な装飾を加えて「ひょうたんアート作品」を完成させる1年がかりの学習になっている。児童らが手掛けたひょうたん作品は、同会主催の展覧会にも出展される予定だ。

 この日は60人ほどの児童が参加。同会会員がひょうたんの歴史や育て方などを説明した後、4本の苗を役割分担しながら丁寧に植えていった。授業の最後には質疑応答の時間も設けられ「4つの苗から何個のひょうたんが収穫できるの」との質問に久保会長が「300個ほど収穫できる」と回答。児童たちは「そんなにたくさん」と驚いた様子を見せていた。久保会長は「学習を通して、植物を育てる楽しさや難しさを感じてもらえれば」と話した。

関連記事powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「チガパン」初開催

「チガパン」初開催

10月22日 中央公園で

10月22日~10月22日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク