茅ヶ崎版 掲載号:2017年9月1日号

「水害時避難の経路確認して」 社会

洪水浸水ハザードマップ改定進む

 台風などの大雨に伴い発生する浸水などの水害。近年その被害が拡大する中、茅ヶ崎市では現在2017年度内の完成を目指し、約9年ぶりとなる、新たな洪水と浸水に関するハザードマップの改定を進めている。

 国は15年に水防法を改正し、その対象を「想定し得る最大規模の降雨」に引き上げた。神奈川県でもそれに伴い、新たな洪水浸水想定区域図を作成している最中だという。

 今年3月に相模川水系の区域図が完成。市では、県のデータと、昨年8月22日に市内でも大きな被害があった台風9号の市内状況などをもとに、新ハザードマップの作成に着手。完成は今年12月頃の予定だ。

 現在市では、2008年に作成した「茅ヶ崎市洪水ハザードマップ」の「相模川版」「小出川・千ノ川・駒寄川および内水版」に、市内自治会などから寄せられた声などをもとに、随時変更や追加などを行いながら使用している。

 新たなマップでは、浸水継続時間なども追加される予定だという。市防災対策課は「大雨自体は防げないが、被害を抑えることはできる。下水道などハード面の対策と合わせ、災害に強いまちづくりを進めたい」と話し、「災害はいつどこで起きるかわからない。住んでいる地域に限らず、避難する際の経路の浸水などの被害も確認してもらえれば」と呼びかけた。

関連記事powered by weblio


<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/