茅ヶ崎版 掲載号:2017年9月1日号

準防火地域拡大を予定 社会

市街地の火災燃え広がり対策

 市都市計画課は2017年12月を目指し、準防火地域の指定拡大を進めている。市内各地域での意見交換会の後、8月22日の都市計画審議会を経て、現在は事業者や市民などへの周知活動を行っている。

 準防火地域・防火地域は、個々の建築物の防火性を上げることで、市街地で出火した際の燃え広がりを抑え、被害を軽減する目的で定めるもの。指定地域では新築や増改築の際、建物の構造や防火設備などの対策が必要になるという。

 茅ヶ崎市には08年の調査で県内最大規模の「クラスター(延焼運命共同体)」があることが判明。11年の東日本大震災を機に「災害に強い都市づくり」の意識が高まり、14年のちがさき都市マスタープラン一部見直しで「発災時の火災被害を抑制することが必要」が加えられ、計画を進めてきた。

 今回拡大予定の区域は、中海岸2〜4丁目、松風台など約330ha。総面積は約1924haと市街化区域のうち約87%が指定範囲内になる。

 同課は「自分の住んでいる地域を知ることも防災のひとつ。指定地域内の建築ルールなど、気軽に相談してほしい」と呼びかけた。問い合わせは【電話】0467・82・1111へ。

関連記事powered by weblio


<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/