さがみはら中央区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

コミュニティバス継続運行へ イベントで利用を喚起 地域住民らが企画

色とりどりの絵手紙が並んだ
色とりどりの絵手紙が並んだ

 橋本と大沢地区をつなぐ市内唯一のコミュニティバス「せせらぎ号」。継続的な運行を促進しようと、利用喚起を目的に地域住民主催のイベント「コミュニティバス 応援し隊〜新春ふんわり 心休憩所 絵手紙展〜」が13日まで、さがみはら北の丘センター(緑区下九沢)で行われた。

 「せせらぎ号」は、市内初のコミュニティバスとして、交通不便地区である大沢地区と最寄りの駅の橋本駅間で、平成21年1月に本格運行を開始。3年間試験運行を行い、約24万7千人が利用、「1便当たり輸送人員10人以上」「運賃収入が車両償却費用等を除いた経常費用の50%以上」という条件を満たし、運行をスタート。一方で、その条件を2年続けて満たさないと運行廃止となることから、地域住民を中心に組織された運行協議会で利用喚起を促す様々な活動を行っている。

 今回のイベントもその一環。主催したのは、同協議会のメンバーでもあり、絵手紙教室などを開く中里千津子さんを中心としたグループだ。利用者が減るこの時期に合わせて、作品発表の場を設けることで、より多くの人にバスを利用してもらおうと企画。渓松園絵手紙同好会の「さくら組」と「ひばり組」の作品を多数掲示し、訪れた人たちを楽しませた。

 「せせらぎ号」には、平成21年度は1便平均11人、収支比率は58・9%、今年度も12月までで1便平均11・4人、収支比率57・2%と条件は満たしているものの、「交通不便地区、特に高齢者には絶対必要なもの。永久に続けるためにも、こうした企画を継続していきたい」と中里さんは話している。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク