さがみはら中央区版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

おもしろ科学くらぶ 実験にわくわく

教育

自分の力で思考錯誤を重ねていく
自分の力で思考錯誤を重ねていく

 主に市内の子供たちを対象に科学の楽しさを伝えようと、「おもしろ科学くらぶ」(篠田政一代表)が月2回、大野北公民館で開かれている。「酸素の発生」や「紙グライダー設計」などのテーマに沿って自分の手や頭を使い、実験や工作を行う。宇宙科学研究所や科学館へ見学に行くこともあり、現在は小学3年生から中学生約20人が参加中だ。その中の1人は「実験に失敗してもあきらめないでやると出来て、皆ほめてくれる」と笑顔を見せていた。

 発足して今年で8年目を迎え、今春OBが理系の大学進学を決めたという。現在参加者の中にも理科の教員や研究者を目指している子もいて、篠田さんは「技術がどんどん発展していく現代において、科学に関心を持つのは非常に大切なこと」と語っている。

 参加費用は月300円。生徒と同時に科学分野の経験を持つボランティア指導者も募集している。詳細や問い合わせは篠田さん【電話】042・753・0898へ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

「口ずさんでくれたら最高」

合意形成へ丁寧な議論を

異論考論─淵野辺駅南口公共施設再整備─

合意形成へ丁寧な議論を

3月15日号

社会人で「3年後ドラ1」へ

作文コンペで最優秀賞

相模川を研究  成果を披露

県内企業の実態

神奈川県労働局に聞く

県内企業の実態

3月15日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク